トーマス・エボリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・"トミー・ライアン"・エボリ (Thomas "Tommy Ryan" Eboli 1911年6月11日1972年7月16日)とは、ニューヨークマフィアジェノヴェーゼ・ファミリーの代理ボス(acting boss)だった人物である。本名トンマーゾ・エボリ(Tommaso Eboli)。


初期の経歴と服役期間[編集]

エボリの初期の人生については、イタリアで生まれたという事以外不明である。だが、現在伝えられているところによれば、1933年に彼は違法賭博及び治安紊乱行為等6件の容疑により逮捕されている。また、彼の全生涯において、服役したのは60日間のみであり、その原因はボクシングレフェリーを襲ったことに対してであった。レフェリーのレイ・ミラーは、エボリのお気に入りのボクサーだったロニー・デュランドロッキー・カステラーニの対戦試合において、カステラーニに軍配を上げた。この事がエボリの怒りを買う結果となり、ミラーはボクシング界から追放された。

ルッケーゼ・ファミリーのボスだったトーマス・ガリアーノは、エボリのお抱え運転手兼ボディーガードであり後に悪名を高い人物として名を残すことになったドミニク・アロンギのいとこだった。また、エボリとアロンギは後にアパラチン会議として知られている多数のマフィアメンバーがFBIと警察の手により逮捕される事になる事件で共に逮捕されている。彼はトーマス・エボリ・ジュニアの父親である。また、彼はルイス・エボリ(Louis "The Mooch" Eboli)の叔父であり、そしてパスクァーレ・エボリ(Pasquale "Patty Ryan" Eboli)の父でもある。

ヴィト・ジェノヴェーゼのボディーガード[編集]

1931年、当時ニューヨークを2つに分けていたジョー・マッセリアサルヴァトーレ・マランツァーノによる抗争事件が勃発した。世にカステランマレーゼ戦争と呼ばれる事件である。この抗争の後、アメリカ・マフィアの有力な地位を獲得したチャールズ・"ラッキー"・ルチアーノにより、ニューヨーク5大ファミリー及びシカゴ・アウトフィットそしてその他の地域のファミリーのボス達からなるコミッションが創設された。ルチアーノはこのコミッションの初代議長となり、彼とは禁酒法時代が始まって以来の知り合いであったエボリは、ルチアーノの副ボスであるヴィト・ジェノヴェーゼボディーガードとなった。

ルチアーノの収監[編集]

1936年、ルチアーノが投獄されるとコンシリエーレのフランク・コステロがファミリーのボス代行となり、それはコステロと対立していたジェノヴェーゼにとっては非常に不愉快なものであった。1946年、ルチアーノがイタリアへ追放処分となったあと、コステロのルチアーノの後継者として、そしてルチアーノ・ファミリーのボスとしての地位はますます明白なものへとなっていった。ジェノヴェーゼのコステロへの敵対心はますます高まり、1957年、ジェノヴェーゼはコステロ暗殺計画を実行する事にした。ジェノヴェーゼによるコステロ暗殺はコステロの頭に軽症を負わせただけの完全な失敗だったが、同年、コステロは引退を表明した。1950年代後半、エボリはジェノヴェーゼの配下達を取り込み、新たなるグループを形成しそのグループのカポレジームとなった。だが、1959年、ヴィト・ジェノヴェーゼが麻薬密売容疑で逮捕され、懲役15年の刑に服役することになると、ファミリーのボスの座に空白が生まれた。

ジェノヴェーゼの代理ボス[編集]

1959年、エボリをファミリーの代理ボスとして、副ボスにはジェラルド・"ジェリー"・カテナ、コンシリエーレにはミケーレ・"ビッグ・マイク"・ミランダが、そしてアンソニー・"トニー・ベンダー"・ストロッロがエボリの補佐となり、ファミリーの指揮を執っていくこととなった。また、彼らとは別にカポレジームのフィリップ・"ベニー・スクイント"・ロンバルドが組織の最終的な意思決定権を持っていた。この組織のトップに見せ掛けとも身代わりとも言える代理ボスを置き、実質的な支配権は別の人物が握る手法はコミッティー・ローリング・パネル( Committee/Ruling Panel)と呼ばれており、1950年代以来、彼らによってファミリーは運営されていた。

1969年にジェノヴェーゼが獄中で死亡すると、エボリは唯一の公式な代理ボスとなった。さらに1970年に副ボスのカテナが当局に告発されると、エボリはファミリーの表向きの公式なボス(front boss)となった。エボリは捜査当局にファミリーの公式なボスあるいはボス代行としてリストアップされたが、ファミリーを支配していたのはフィリップ・ロンバルドとミケーレ・ミランダであり、エボリは捜査当局からの追求を欺く為に"組織のボス"を演じていた。

こうして、見せ掛けのボスとして、また他のファミリーにも自分がファミリーのボスであると示していたエボリは新しいビジネスとして麻薬の取引を始めたいと考え、この商売に必要な資金をライバルであり、当時、コミッションの議長でもあったガンビーノ・ファミリーのボス、カルロ・ガンビーノから400万ドルを借り受ける事で賄うことにした。

エボリの凋落[編集]

1970年以来、2年間、エボリはファミリーの表向きのボスを演じ続けていた。アメリカ捜査当局は、1970年代初期の間に多数のエボリの配下を逮捕し、400万ドルの麻薬取引を封じ込めることに成功した。伝えられるところによれば、この取引が失敗に終わったことによってカルロ・ガンビーノとポール・カステラーノは、エボリに対し数日以内に貸した金の返済を要求した。だが、エボリは既にガンビーノらに返すだけの金を持ち合わせてはいなかった。

1972年7月16日、午前1時頃、エボリはガールフレンドのアパートから出て、自分の車に乗り込もうとした時に5発の銃弾が彼に向けて放たれ、その場で即死した。現在に至るも彼を殺害した犯人は逮捕されていない。伝えられるところによると、カルロ・ガンビーノの友人であり、ジェノヴェーゼ・ファミリーのカポレジームだったフランク・"ファンジ"・ティエリがジェノヴェーゼ・ファミリーのボスになることを願っていたガンビーノによってエボリの暗殺が計画実行されたとされている。また、何人かの研究者達はエボリらが行った麻薬取引自体がガンビーノの策謀だったと考えている。

エボリはニュージャージー州パラマスにあるジョージ・ワシントン・メモリアル・パークに埋葬された。


外部リンク[編集]