トーティラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーティラがフィレンツェの町を破壊させる:ジョヴァンニ・ヴィッラーニクローナカの写本からの啓示

トーティラTotila, ? - 552年7月1日)は、 バドゥイラBaduila)と言う名前と共に伝承されている、叔父のイルディバルドと従兄弟のエラリーコの死後の東ゴート王541年 - 552年)である。

経歴[編集]

ベリサリウス将軍に対する突然の手痛い敗北と540年のウィティギスの捕縛の後、東ゴート族はかろうじてポー川北部に国を保つことに成功していた。トーティラはタルヴィージオでのゴート軍の司令官で、おそらく541年の中頃には王に任命されていた。

彼の目的はイタリアの占領を狙う東ローマ皇帝ユスティニアヌス1世の政治を失敗させることにあった。事実上ユスティニアヌス1世の軍が東ローマ帝国内でのサーサーン朝相手の戦争に540年からかかりっきりになっていたことをトーティラは利用しつつ、当初は成功していた。戦場においての特筆すべき成功は農民を徴兵し、軍隊を強化しつつ543年アラトリを包囲し略奪した事で、546年の終わりから550年の始めまで2度にわたってローマを征服することに成功しているが、それは長く持たなかった。

まずトーティラは544年にローマを包囲した。546年12月17日、守備隊は東ゴートの軍と調和し侵入に同意して市の城門を開けた(ローマ包囲戦 (546年)イタリア語版英語版)。そしてローマは略奪され城壁を取り壊され、住民は捕まり殺された。しかし547年の春にベリサリウスがローマを奪回した。

同年の5月にトーティラはローマを包囲したが失敗した。

549年の秋にはトーティラはローマの3度目の包囲を行った(ローマ包囲戦 (549年 - 550年)英語版)。今回は守備隊の新たな裏切りのおかげで開門され、トーティラ軍は包囲に成功した。ローマの生存者はわずかで元老院は完全にビュザンティオンに移転した。

540年以降の、2度目のゴート戦争は1度目より凄惨となった。2度目のローマ占領の後、トーティラはさらに宣伝活動を始めた。それは東ゴート統治下の生活やテオドリック大王の時代と、最近の苦しい戦争やユスティニアヌス1世の厳しい政治とを比べるものであった。それは外交政策として少し成功したが、フランク族との同盟を結ぶまでには到らなかった。

551年、ユスティニアヌス1世は軍司令官に高齢の宮廷宦官ナルセスを任命し、イタリア占領に遣わした。彼の軍はゴートの防衛線を避けつつ、バルカン半島を横切ってイタリア北部に侵入した。トーティラはその時、街の重要な貴族の中から300人の若い人質をとってローマを放棄した。

552年のタギナエの戦いギリシャ語版イタリア語版英語版ギリシア語: Μάχη των Βουσταγαλλώρων Battle of Busta Gallorum ブスタ・ガロールムの戦い)で戦死した。552年の6月30日か7月1日、ゴート軍はウンブリアグッビオグアルド・タディーノ間であった戦闘でナルセス軍の弓矢隊に敗れた。トーティラは北西の現在のマルケ州に逃げたがそこで戦闘で受けた傷が元で死亡した。東ゴートは最後の王テーイアの元に再結集した。そしてトーティラに捕まっていた300人の若い人質を殺した。そして捕虜や元老院の家族も同じ運命となった。

[編集]

トーティラの墓は、18世紀に墓の本来の設計といわれる騎士の設計で再建された。年代記作家プロコピウスにより示された戦闘の記述と交通手段の証明が行われた。明らかにゴート起源のクリプタにおいて金の指輪、4体の衛兵、1本の剣とともに、ゴート貴族の慣習に従って埋葬された遺体が発見された。

先代:
エラリーコ
東ゴート王
541年 - 552年
次代:
テーイア
先代:
エラリーコ
イタリア王
541年 - 552年
次代:
テーイア