トータリー・ファックト・アップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トータリー・ファックト・アップ
Totally F***ed Up
監督 グレッグ・アラキ
脚本 グレッグ・アラキ
製作 アンドレア・スパーリング
グレッグ・アラキ
アルベルト・ガルシア
出演者 ジェームズ・デュヴァル
ギルバート・ルナ
撮影 グレッグ・アラキ
編集 グレッグ・アラキ
配給 日本の旗 スタンス・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年10月10日
日本の旗 1996年5月25日
上映時間 78分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $101,071[1]
テンプレートを表示

トータリー・ファックト・アップ』(原題: Totally F***ed Up, 別題: Totally Fucked Up)は、1993年製作のアメリカ合衆国の映画。ビデオ題は、『トータリー・ファックト・アップ/ロスアンゼルス青春白書』。

1995年、第4回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭にて上映された。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • アンディ:ジェームズ・デュヴァル
  • スティーヴン:ギルバート・ルナ
  • デリック:ランス・メイ
  • ブレンダン:クレイグ・ギルモア
  • パトリシア:ジェニー・ジル
  • ミシェル:スーザン・ベイシッド
  • トミー:ロコ・ベリック

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Totally F---ed Up” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]