トーキョー・ウィークエンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーキョー・ウィークエンダーTokyo weekender)は、日本で最も長い歴史を有する無料の英語出版物である。

1970年にコーキー・アレグザンダーによって創刊されたTokyo Weekenderは月二回発行され、都心を中心に配布されている。

沿革[編集]

  • トーキョー・ウィークエンダーは朝鮮戦争に出征した退役軍人であるミラード・'コーキー'・アレグザンダーによって創刊された。
  • コーキーの死後、同誌は彼の娘と娘婿が引き継いだが、後に、英国出身の元教師 キャロライン・ボーヴァーによって再開された。
  • 2008年にポーヴァーは、同誌を東京のメディア企業であるバルバスセル・メディアグループに売却した。
  • トーキョー・ウィークエンダーは当初タブロイドサイズの新聞印刷用紙に印刷されたが、後に全面カラー印刷物へと発展し、現在ではオンライン版も存在する。

新ウィークエンダー[編集]

2008年にトーキョー・ウィークエンダーは、東京のメディア企業であるバルバスセル・メディアグループによって買収された。 ウェブサイトの一新とデザインの全面的見直しが施され、雑誌はタブロイドサイズの新聞印刷用紙への印刷からA4サイズの光沢印刷となった。

内容[編集]

定期的な寄稿記事に加えて、トーキョー・ウィークエンダーは一般情報誌として、近日公開の話題のイベント、さまざまな意見、ビジネスニュース、著名外国人へのインタビュー、社会、旅行、新製品やレストラン&バーの評価、コミュニティのニュースや案内、過去の記事のアーカイブズのセクションなどから構成されている。

コラムニスト[編集]

  • 同誌への寄稿者のなかで最も長く記事を書いているのはビル・ハーシーである。彼による各種パーティーの様子を報道するコラムは30年以上続いている。
  • ほかの寄稿者としては、元在日英国商工会議所とNHKに勤務したイアン・デ・ステインズOBEがいる。

配布[編集]

トーキョー・ウィークエンダーは、都心の各国大使館、ホテル、レストランやショップに配布されており、入手可能であるほか、定期購読も可能である。

トリビア [編集]

  • トーキョー・ウィークエンダーは、2010年に創刊40周年を祝ったが、その様子がNHKと英語放送であるNHKワールドに取り上げられた。

外部リンク [編集]