トンボ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トンボ科 Libellulidae
トンボ科の各属の主な種
トンボ科(学名:Libellulidae)の各属の主な種

1. ショウショウトンボ Crocothemis servilia mariannae
2. カオジロトンボ Leucorrhinia dubia orientalis
3. ハラビロトンボ Lyriothemis pachygastra
4. ハッチョウトンボ Nannophya pygmaea
5. オオシオカラトンボ Orthetrum melania
6. コシアキトンボ Pseudothemis zonata
7. チョウトンボ Rhyothemis fuliginosa

8. アキアカネ Sympetrum frequens
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: トンボ目(蜻蛉目) Odonata
亜目 : トンボ亜目(不均翅亜目) Anisoptera
上科 : トンボ上科 Libelluloidea
: トンボ科 Libellulidae Rambur1842

など142属
詳細は本文の分類を参照

トンボ科(トンボか、学名:Libellulidae Rambur1842 )はトンボ亜目(不均翅亜目)トンボ上科分類されるトンボの1

特徴[編集]

トンボ目の中では最も系統が新しく、繁栄している科[1]。大型のヤンマ科と比べて小さく、全長6 cm以下の小型から中型のトンボ[2]。体色は金属光沢の単純な色調、黄色、赤色、青色など変異に富む[3]。雌雄で色彩が異なるものや、メスに色彩が異なる多型のあるものや[1]、成熟するにつれて色彩が大きく変化するものもある[3]複眼は発達し大きく左右がくっ付きあって一続きになり、境目が長い線状になっているものが多い[4]。複眼後縁の突起物がなく[3]、腹部の状突起などを取り除いた単純な形態[1]。前の三角室は著しく縦長となるものが多く変形して、四角室状となるものもある[3]。前翅の三角室と後翅の三角室は形状と向きが異なり[5][6]、後翅の肛角が突出しない単純な形態[1]。翅脇の肩縫線は多少ともS字状に湾曲する[3]

平らな姿勢で枝先などに静止する種が多いが、斜めに静止する種や、飛び立つとなかなか静止しない種もある[6]。翅を開いた状態で静止する[3]、水溜まり、湿地などの止水域に広く生息しているが、一部のものはゆるやかな流水がある環境に生育する[3]。雄は静止または飛翔しながら水辺の一定空間で縄張りを持つ[3]。雌は短い単純な生殖弁で産卵する種が多いが、長く突き出た生殖弁を泥に差し込んで産卵する種もある[4]。連結状態または雌単独で飛翔しながら連続的あるいは間欠的に打水、打泥して産卵をするものが多い[3]

幼虫ヤゴ)の体は太く、腹部末端には3個の長い尾部付属器と1対の尾毛がある[7]。幼虫の足や腹部末端の肛錐が比較的短く[8]、腿節は頭部の幅とほぼ同じ長さ[8]下唇 はカゴ形で[8]、下唇基節が東部の前面と下面を覆う[1]。7節の触角と直腸鰓がある[3]

分類[編集]

分化系統図[編集]

日本産の不均翅亜目の分化系統図を以下に示す[9]

トンボ亜目(不均翅亜目) Anisoptera

ムカシトンボ科 Epiophlebiidae




ヤンマ科 Aeshnidae




サナエトンボ科 Gomphidae



ムカシヤンマ科 Neopetaliidae




オニヤンマ科 Cordulegastridae



ミナミヤンマ科 Chlorogomphidae      





ミナミヤマトンボ科 Gomphomacromiidae




エゾトンボ科 Corduliidae




ヤマトンボ科 Macromiidae



トンボ科 Libellulidae








[編集]

トンボ科で知られている属と日本などで確認されている主な種を以下に示す[10][11][12]

以下の7亜科に分類されることがある[1]

トンボ科の分化系統図[編集]

日本産のトンボ科の分化系統図を以下に示す[9]

トンボ科 Libellulidae

ウミアカトンボ属 Macrothemis


チョウトンボ属 Rhyothemis


チョウトンボ R. fuliginosa



ハネナガチョウトンボ R. severini





ベッコウチョウトンボ R. variegata



スキバチチョウトンボ R. phyllis






カオジロトンボ属 Leucorrhinia


アカネ属 Sympetrum

スナアカネ S. fonscolombii





ナツアカネ S. darwinianum



マダラナニワトンボ S. maculatum





ナニワトンボ S. gracile




リスアカネ S. risi



ノシメトンボ S. internum





エゾアカネ S. flaveolum




ムツアカネ R. danae




アキアカネ S. frequens



タイリクアキアカネ S. depressiusculum






タイリクアカネ S. striolatum



イソアカネ S. vulgatum






コノシメトンボ S. baccha




ヒメアカネ S. parvulum




マユタテアカネ S. eroticum



マイコアカネ S. kunckeli







ミヤマアカネ S. pedemontanum



オナガアカネ S. cordulegaster





ネキトンボ S. speciosum




キトンボ S. corruptum



オオキトンボ S. uniforme








オオキイロトンボ属 Hydrobasileus



ハネビロトンボ属 Tramea

オセアニアハネビロトンボ T. loewii



テンジクハネビロトンボ T. basilaris




ハネビロトンボ T. virginia



ヒメハネビロトンボ T. transmarina






アオビタイトンボ属 Brachydiplax




コシアキトンボ属 Pseudothemis





ヒメキトンボ属 Brachythemis



コフキトンボ属 Deielia





アメイロトンボ属 Tholymis



オオメトンボ属 Zyxomma











ハッチョウトンボ属 Nannophya



コシブトトンボ属 Rambur





ショウジョウトンボ属 Crocothemis



ヒメトンボ属 Diplacodes




ナンヨウベッコウトンボ属 Neurothemis

アカスジベッコウトンボ N. ramburii




ナンヨウベッコウトンボ N. terminata



フチトリベッコウトンボ N. fluctuans







ウスバキトンボ属 Pantala



ベニトンボ属 Trithemis






アジアアカトンボ属 Lathrecista



ホソアカトンボ属 Agrionoptera





シマアカネ属 Boninthemis



ハラビロトンボ属 Lyriothemis

キイロハラビロトンボ L. flava




オオハラビロトンボ L. elegantissima



ハラビロトンボ L. pachygastra








シオカラトンボ属 Orthetrum

ハラボソトンボ O. sabina




ミヤジマトンボ O. poecilops



シオカラトンボ O. albistylum



シオヤトンボ O. japonicum



タイワンシオヤトンボ O. internum



ホソミシオカラトンボ O. luzonicum



タイワンシオカラトンボ O. glaucum




コフキショウジョウトンボ O. pruinosum



オオシオカラトンボ O. melania






ヨツボシトンボ属 Libellula





種の保全状況評価[編集]

多数の種が国際自然保護連合(IUCN)により、レッドリスト軽度懸念(LC)などの指定を受けている[15]。日本では多数の種が、環境省都道府県によりレッドリストの指定を受けている[16]

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]