トローイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トローイア
Troia
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Apulia.svg プッリャ
Blank.png フォッジャ
CAP(郵便番号) 71029
市外局番 0881
ISTATコード 071058
識別コード L447
分離集落
隣接コムーネ ビッカリカステッルッチョ・デイ・サウリカステッルッチョ・ヴァルマッジョーレチェッレ・ディ・サン・ヴィートフォッジャルチェーラオルサーラ・ディ・プーリア
公式サイト リンク
人口
人口 7,462 人
人口密度 45 人/km2
文化
住民の呼称 troiani
守護聖人  
祝祭日  
地理
座標 北緯41度22分0秒 東経15度18分0秒 / 北緯41.36667度 東経15.30000度 / 41.36667; 15.30000座標: 北緯41度22分0秒 東経15度18分0秒 / 北緯41.36667度 東経15.30000度 / 41.36667; 15.30000
標高 439 m
面積 167.22 km2
トローイアの位置
トローイアの位置
フォッジャ県におけるコムーネの領域
フォッジャ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

トローイアTroia)は、人口7,462人のイタリア共和国プッリャ州フォッジャ県コムーネの1つである。

歴史[編集]

最初は古代ローマ植民都市として「アイカ」(Aika)と呼ばれていた、後に「エチェ」(Ece)という名前に変わり、「Herdoniae」(現在のオルドーナ)、「Ausculum」(アスコリ・サトリアーノ)、「Arpi」(フォッジャ)、「Teanum Apulum」(サン・パオロ・ディ・チヴィターテ)などと一緒に社会経済的に大きな発展をした。町は1010年に、カルタゴ戦争以前の古代の集落の廃墟の上に出来た。ハインリヒ2世に包囲され、ノルマン人に征服された。町はアンジョイーニにより整備され、ブルボンによってより近代的になると、それらの君主国の没落まで信奉者がここに残った。

脚注[編集]

外部リンク[編集]