トロポニンC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロポニンC

トロポニンC: troponin C)とはトロポニン複合体の構成要素の1つ。トロポニンCは鉄アレイ状の構造をしており、N lobeとC lobeそれぞれにEFハンド構造を形成する2つの潜在的なカルシウム結合部位を持つ。N lobeにはCa2+を特異的に結合する調節的カルシウム結合部位があり、カルシウム濃度依存的にトロポニンIのC末端側領域と結合し筋収縮を調節する。一方、C lobeにはCa2+とMg2+を結合する構造的カルシウム結合部位があり、カルシウム濃度に関係なくトロポニンIのN末端領域に結合している。遅筋と心筋には、N lobeの調節的カルシウム結合部位の1つがカルシウム結合能を持たない同じアイソフォームが発現している。

組織特異的アイソフォーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]