トロテック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロテック
Trotec GmbH
種類 非公開有限責任会社(オーストリア)
本社所在地 オーストリアの旗 オーストリア
オーバーエスターライヒ州 マルヒトレンク
設立 1997年
業種 精密機械
事業内容 レーザー加工機の製造・販売および保守・修理
代表者 Andreas Penz
売上高 4560万 EUR (2012年事業年度[1]
従業員数 250名(世界全体で2013年時点)
主要株主 Trodat Holding
外部リンク www.troteclaser.com
テンプレートを表示
トロテック・レーザー・ジャパン株式会社
Trotec Laser Japan Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
114-0012
東京都北区田端新町2-3-7 MKビル1F
設立 1991年
(トロダット・ジャパン)
業種 精密機器
事業内容 レーザー加工機の製造・販売および保守・修理
資本金 100,600,000円
決算期 12月31日
外部リンク http://www.troteclaser.com/ja-JP/Pages/Laser_systems.aspx
テンプレートを表示

トロテックTrotec GmbH)はオーストリアの企業であり、同社の声明および国際的な売上高に基づくところによると、世界最大のレーザー装置の製造業者である。本社の所在地はオーバーエスターライヒ州マルヒトレンクである。Trodat(トロダット)社の子会社であり、世界で250名以上の社員を雇用している(2013年12月時点)。

歴史[編集]

トロテックは親会社であるTrodat Holdingの子会社として1997年に設立された。ゴムスタンプ用テキストプレートの彫刻のためのレーザーシステムの設計を行っていたTrodat GmbHの研究部門から発展している。

トロテックは新しい市場の開拓を重視した成長戦略とレーザー装置の製品レンジの拡大により、16年以上に渡って従業員数を250名以上にまで増やすことに成功している。自己報告の販売台数実績によれば、同社は2013年12月時点で、世界最大のレーザー装置の製造業者である。

社名の由来[編集]

社名の「トロテック」Trotecは親会社グループ名である「トロダット」Trodat GmbHに由来しており、また“Tro”と“Tec”の2つの音節から構成されている。“Tro“は20世紀初頭のスタンプ製造に用いられたプラスチック材である“Trolitful“を由来とし、“Tec”は技術製品の開発を象徴している。

事業分野[編集]

Trotec GmbHはレーザー装置の応用分野に従い、大きく3つの事業分野にまとめられている。彫刻(レーザー彫刻)カッティング(レーザーカッティング)およびマーキング(レーザーマーキング)がそれにあたり、それぞれ以下に記載されている特定の産業に焦点を合わせた展開が行われている。

彫刻(レーザー彫刻)[編集]

  • トロフィー彫刻
  • 看板彫刻
  • スタンプ彫刻
  • 販促用品彫刻

カッティング(レーザーカッティング)[編集]

マーキング(レーザーマーキング)[編集]

トロテック日本法人[編集]

トロテック・レーザー・ジャパン株式会社は1991年に「トロダット・ジャパン」として創業。2006年現在の「トロテック・レーザー・ジャパン株式会社」社名変更に伴いトロテック日本法人としてレーザー加工機の販売及び保守・修理を行う。東京本社他に、大阪には関西営業所が置かれている。

脚注[編集]

  1. ^ Trotecの歴史 最終ダウンロード日:2013年12月3日

外部リンク[編集]