トレーススケジューリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トレーススケジューリングは、コンピュータのプログラムに使用される コンパイラで使用される最適化技術のひとつである。

コンパイラは、早く実行するために機械語を並べ替えることで、プログラムのパフォーマンスを改善することができる。 トレーススケジューリングは、よく知られたそれを行う手法のひとつである。

トレーススケジューリングは、最初はVLIWマシンのために開発されたが、 いまでは全体のコードの動きを最適化する手法のひとつである。 それは、あるループをループ展開や静的な分岐予測を使用して、シーケンシャルな一直線に実行されるコードに変換することで機能する。 そのプロセスは、分岐しないでもっとも起こりそうな命令列とトレースから抜けるハンドラーとを区別しながら行う。