トレビエハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
'Torrevieja/Torrevella'

Bandera de Torrevella.svg   Escut d' Torrevieja.PNG

Strandentorrevieja.jpg
バレンシア州
アリカンテ県
面積 71.44km²
標高 7m
人口 101,381人(2008年)
人口密度 1,419.11人/km²
Localització de Torrevella respecte al País Valencià.png

北緯37度58分40秒 西経0度41分00秒 / 北緯37.97778度 西経0.68333度 / 37.97778; -0.68333

トレビエハスペイン語:Torrevieja)、またはトレベリャバレンシア語:Torrevella)は、スペインバレンシア州アリカンテ県の都市。コスタ・ブランカに面した観光都市で、アリカンテの南約30マイルに位置する。

地理[編集]

トレビエハの面積は約71平方kmで、領域内には通り、砂浜、潟がある。20kmもの海岸線は、ラ・マタ海水浴場など多くの海水浴場がある。年間の平均気温は、12℃から25℃の間である。

歴史[編集]

18世紀まで、トレビエハにはサリナス湖という塩湖があり、スペイン王家が所有していた。1802年まで、トレビエハ(古い塔を意味する)には地名の元となった監視塔があるだけで、他に塩鉱で働く者や漁民の家があった。

1803年、カルロス4世はサリナス湖管理をラ・マタからトレビエハへ移す布告をし、住宅建設が許可された。1829年、地震によって人口が打撃を受け、後に徐々に復興した。塩の生産と貿易が決定的となり、1931年にはアルフォンソ13世によって都市に昇格した。19世紀の手工業生産は、一般消費のためのリネン生産、麻及び綿に制限されていた。停泊地が塩の積み荷の障害となったが、1954年以降港が建設された。

19世紀半ば以降、精製された塩はスウェーデン船とオランダ船によって基本的に運ばれていった。塩の海外市場の重要性は20世紀半ばまでであった。トレビエハで採れた塩は1/4がスペイン国内で売られ、残った塩は輸出された。19世紀、トレビエハは、ベガ・バヤ地方で生産される品物の積み出し港であった。

近年の地元経済は観光業で非常に伸びている。イギリス人、スカンディナヴィア半島からの人々、ドイツ人はここで一年中暮らす強力な一団で、スペイン人観光客はトレビエハに休暇用住宅を所有する。2004年以降、トレビエハは在留イギリス人が多いムニシピオとして国内1位となり、現在は在留イギリス人人口が約12,000人となった。

1897年から[[2005

年]]までのトレビエハ人口の推移

1897年 1910年 1930年 1950年 1960年 1970年 1980年 1991年 1996年 2001年 2004年 [[2005

年]]

7,833 8,961 8,754 8,935 9,234 9,726 12,314 25,014 35,998 50,953 75,530 84,348

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]