トルネイドース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・トルネイドース
The Tornados
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ポップ
インストゥルメンタル
ロック
活動期間 1960年 - 1967年1975年
レーベル デッカ・レコード
EMI

ザ・トルネイドース (The Tornados)[1]は、1960年代初頭に活動していたイギリスインストゥルメンタル・バンド。イギリスの名プロデューサー、ジョー・ミークのプロデュースの下、1962年に「テルスター」を爆発的に大ヒットさせた。

テルスター録音時のメンバー[編集]

ザ・トルネイドースのメンバーは一定せず、メンバーの入れ替わりが顕著である。ここでは「テルスター」の録音時に在籍していたメンバーのみ載せておく。

詳細は本人の項を参照。

来歴[編集]

テルスター以前の活動[編集]

トルネイドースは、イギリスの名プロデューサー、ジョー・ミークがセッション・ミュージシャンを寄せ集めて、結集された[2]。結成当初はスタジオ・ワークだけを行っていたが、イギリス・ロックの御三家の一人、ビリー・フューリーのバックバンドを担当するようになる。やがて独立し、レコード・デビューも行う。ジョー・ミーク作の「ラヴ・アンド・フューリー」でデビューを果たしたが、ヒットには結び付かず、失敗に終わった。

テルスターの成功[編集]

1962年、トルネイドースとミークに転機が訪れる。同年、テルスター衛星が打ち上げられ、それを記念してミークの手により「テルスター」が作られる。ある夜自宅にいたミークは、突然神様から授かったかのようにメロディーを思いつき、それを忘れないために手元にあった灰皿にメロディーを書き殴り、そのまま自宅のスタジオのテープレコーダーで自らのハミングでメロディーを記録したという。当時、インストゥルメンタル・バンドには珍しい、オルガンが大部分のソロ・パートを担当するだけではなく、極めて機械的でスペーシーな音を出すクラビオリンという楽器が使われている。それに加え、ミークの、時代を超えたミキシングにより、とても1960年代初頭に作られたとは思えない、極めて宇宙的な楽曲を、ミークとトルネイドースは創り上げてしまったのである。後に、スペース・ロックと呼ばれるジャンルをこの曲で作ったのである。

この曲はこの年の8月17日にまずイギリスで発売され、奇しくもスプートニク1号打ち上げから5周年となる10月4日イギリス国内のチャート1位を記録、しかし快進撃はこれだけに留まらず、大西洋を越えたアメリカビルボードHOT100でも12月22日[3]から3週連続1位を記録した。イギリスの歌手・バンドがアメリカのチャート・トップを独占したという快挙を成し遂げた瞬間でもある。ザ・ビートルズアメリカのチャートに入る前の事である。結局この曲は日本も含め全世界で500万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。

ミークはこの「テルスター」以前にも、ジョン・レイトンの「霧の中のジョニー」をミキシング、プロデュースし、イギリスのチャートの1位を記録したので、「テルスター」は2度目の大成功とも言える。後にザ・ベンチャーズや、事実上ライバル視していたシャドウズ等、多数のグループにカバーされることとなった。

その後[編集]

「テルスター」の大ヒット後も、「グローブトロッター」や「ロボット」でヒットを飛ばす。また、後にミュージック・ビデオと呼ばれる、「スコーピトン・フィルム」も「テルスター」と「ロボット」で作っている。「ロボット」ではメンバーがロボットに扮し、演奏している。

ヒットが出ず、カッティーニ脱退後もメンバーを替え活動していたが、1967年解散。その後1975年、ベラミー、バート、ラヴァーン、カッティーニの四人で「テルスター」を再録音している。

なお、テルスター当時の5人は脱退後の1965年に再集結し、「トルネイドーズ」の名前をミークが権利を持っていたために使えず「ザ・ジェミニ(The Gemini')」名義でシングル「Spacewalk / Goodbye Joe」を発売している。発売に先駆けてジェミニ4号の飛行でアメリカ初の宇宙遊泳が行われており、グループ名とタイトル曲はこの計画にあやかったものと思われる。

代表曲[編集]

  • ラヴ・アンド・フューリー (Love and Fury)
  • テルスター (Telstar)
  • グローブトロッター (Globetrotter)
  • 空を飛ぶ恋 (Ridin' the wind)
  • ロボット (Robot)
  • ドラゴンフライ (Dragonfly)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語発音による。日本では、ザ・トルナドースとも呼ばれる。
  2. ^ ジョー・ミークが、当時絶大なる人気を誇っていたシャドウズに対抗する意味も込めて結成された。
  3. ^ 1962年12月22日付のビルボードHOT100ランキング