トルコ海軍艦艇一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トルコ海軍艦艇一覧は、トルコ共和国海軍過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。オスマン帝国時代の艦艇については、オスマン帝国海軍艦艇一覧を参照。

凡例

現有勢力(2011年現在)[1][編集]

  • 国防予算:99億ドル (+10億6,000万ドル)
  • 海軍人員:5万2,000名
  • 艦船隻数:181隻 (+3隻)
潜水艦×14
フリゲート×23
ミサイル艇×26 (+1)
哨戒艇×18
戦車揚陸艦×5
揚陸艇×41(+1)
掃海艇×19 (+1)
測量艦艇×5
練習艦×2
練習艇×8
輸送艦×2
補給艦×2
給油艦×4
給水艦×5
潜水艦救難艦×1
救難艦×1
防材敷設艦×2
航洋曳船×3
  • 航空機数:37機
艦載ヘリコプター×21
陸上固定翼機×16
  • コースト・ガード:船艇85隻 (+2隻)、航空機11機

目次へ移動する

艦艇一覧 (近代海軍以前)[編集]

目次へ移動する

艦艇一覧 (近代海軍)[編集]

主力艦[編集]

戦艦[編集]

海防戦艦 (前弩級戦艦)

巡洋戦艦
ヤウズ・スルタン・セリム (Yavuz Sultan Selim)[2]

目次へ移動する


水上戦闘艦[編集]

巡洋艦[編集]

防護巡洋艦「メジディイェ」と「ハミディイェ」
防護巡洋艦

水雷巡洋艦水雷砲艦
  • ペイキ・シェヴケト (Peyk-i Şevket) - 1隻

目次へ移動する


駆逐艦[編集]

WWI 以前の駆逐艦
  • サムスン級 (仏オーギュスタン・ノルマン造船所『デュランダル』級 Durandal) - 4隻
サムスン (Samsun)、バスラ (Basra)、タショズ (Taşoz)、ヤルヒサール (Yarhisar)

大戦間の駆逐艦
コジャテペ(Kacotepe)、アダテペ(Adatepe)
トゥナズテペ(Tinaz Tepe)、ザフェル(Zafer)
  • デミルヒサール級 - 2隻(2隻接収)
デミルヒサール(Demirhissar)、スルタンヒサール(Sultanhisar)
ガズィアンテプ (D-344 Gaziantep) ※旧ランズダウン (Lansdowne)
ギレスン (D-345 Giresun) ※旧マッカーラ (McCalla)
ゲリボル (D-346 Gelibolu) ※旧ブキャナン (Buchanan)
ゲムリク (D-347 Gemlik) ※旧ラードナー (Lardner)
アルプ・アルスラン (D-348 Alp Arslan) ※旧マーン (Marne)、
マレシャル・フェヴズィ・チャクマク (D-349 Mareşal Fevzi Çakmak) ※旧ミーティア (Meteor)、
クルチ・アリ・パシャ (D-350 Kılıç Ali Paşa) ※旧マッチレス (Matchless)、
ピヤレ・パシャ (D-351 Piyale Paşa) ※旧ミルン (Milne)
イスタンブル (D-340 İstanbul) ※旧クラレンス・L・ブロンソン (Clarence K Bronson)
イズミル (D-341 İzmir) ※旧ヴァン・ヴァルケンバーグ (Van Valkenburgh)
イズミット (D-342 İzmit) ※旧コグスウェル (Cogswell)
イスケンデルン (D-343 İskenderun) ※旧ボイド (Boyd)
イチェル (D-344 İçel) ※旧プレストン (Preston)
ザフェル (D-356 Zafer) ※旧ヒュー・パーヴィス (Hugh Purvis)
ムアーヴェネト (DM-357 Muavenet) ※旧グウィン (Gwin)
ユジェテペ (D-345 Yucetepe) ※旧オーレック (Orleck)
サヴァシュテペ (D-347 Savaştepe) ※旧メレディス (Meredith)
クルチ・アリ・パシャ (D-349 Kılıç Ali Paşa) ※旧ロバート・H・マッコード (Robert H McCard)
ピヤレ・パシャ (D-350 Piyale Paşa) ※旧フィスク (Fiske)
マレシャル・フェヴズィ・チャクマック (D-351 Mareşal Fevzi Çakmak) ※旧チャールズ・H・ローン (Charles H Roan)
ガイレト (D-352 Gayret) ※旧エヴァソール (Eversole)
アダテペ (D-353 Adatepe) ※旧フォレスト・ロイヤル (Forrest Royal)
コジャテペ (D-354 Kocatepe) ※旧ハーウッド (Harwood) [5]沈没後、旧ノリス (Norris)[要出典]が継承する
トゥナズテペ (D-355 Tınaztepe) ※旧ケプラー (Keppler)
アルチテペ (D-346 Alçıtepe) ※旧ロバート・A・オーウェンス (Robert A Owens)
アヌトテペ (D-347 Anıttepe) ※旧カーペンター (Carpenter,)

目次へ移動する


フリゲート[編集]

ベルク (D-358 Berk)、ペイク (D-359 Peyk)
ゲリボル (D-360 Gelibolu) ※旧カールスルーエ (Karlsruhe)、
ゲムリク (D-361 Gemlik) ※旧エムデン (Emden)
ヤウズ (F-240 Yavuz)、
トゥルグート・レイス (F-241 Turgut Reis)、
ファーティ (F-242 Fatih)、
ユルドゥルム (F-243 Yılderım)
バルバロス (F-244 Balbaros)、
オルチレイス (F-245 Oruçreis)
サーリヒレイス (F-246 Salihreis)、
ケマルレイス (F-247 Kemalreis)
ムアヴェネト (F-250 Muavenet) ※旧カポダノ (Capodanno)
アダテペ (F-251 Adatepe) ※旧ファニング (Fanning)
コジャテペ (F-252 Kocatepe) ※旧リーズナー (Reasoner)
ザフェル (F-253 Zafer) ※旧トーマス・C・ハート (Thomas C Hart)
トラキヤ (F-254 Trakya) ※旧マッキャドレス (McCandless)
カラデニズ (F-255 Karadeniz) ※旧ドナルド・B・ベアリー (Donald B Beary)
エゲ (F-256 Ege) ※旧エインズワース (Ainthworth)
アクデニズ (F-257 Akdeniz) ※旧バウエン (Bowen)
ガーズィアンテプ (F-490 Gaziantep) ※旧クリフトン・スプレイグ (Clifton Sprague)
ギレスン (F-491 Giresun) ※旧アントリム (Antrim)
ゲムリク (F-492 Gemlik) ※旧フラットレイ (Flatley)
ゲリボル (F-493 Gelibolu) ※旧レイド (Reid)
ギョクチェアダ (F-494 Gokceada) ※旧マーロン・S・ティスデイル (Mahlon S Tisdale)
ゲディズ (F-495 Gediz) ※旧ジョン・A・ムーア (John A moore)

目次へ移動する


コルベット[編集]

  • アダ級 (Ada sınıfı, MİLGEM計画) - 1隻 (計画では12隻)
ヘイベリアダ (F-511 Heybeliada)、ビュユクアダ (F-512 Büyükada)建造中
  • ブラク(B)級 旧・フランス:A-69デスティエンヌ・ドルヴ級通報艦 - 6隻
ボズジャアダ (F-500 Bozcaada) ※旧コマンダン・ド・ピモーダン (Commandant de Pimodan)
ボドルム (F-501 Bodrum) ※旧ドログー (Drogou)
バンドゥルマ (F-502 Bandırma) ※旧カルティエ=メートル・アンクティル (Quartier-Maître Anquetil)
ベイコズ (F-503 Beykoz) ※旧デスティエンヌ・ドルヴ (D'Estienne d'Orves)
バルトゥン (F-504 Bartın) ※旧アミヨ・ダンヴィユ (Amyot d'Inville)
バフラ (F-505 Bafra) ※旧スゴン=メートル・ル・ビアン (Second-Maître Le Bihan)

目次へ移動する


潜水艦[編集]

通常動力型潜水艦[編集]

WWII までの潜水艦
ビリンジ・イニョニュ (Birindji-In-Uni, Birinci İnönü)、イキンジ・イニョニュ (Ikindji-In-Uni, İkinci İnönü)
ドゥムルプナル (Dumlupınar)
  • 改アルゴナウタ型 (クリオ・ベルナルディス大佐設計, 機雷敷設型, カンティエーリ・リウニーティ・デッラドリアーティコ社モンファルコーネ造船所) - 1隻
サカリヤ (Sakarya)
  • ex-E1 Type IA (エチェヴァリエタ・イ・ラリナガ社カディス造船所)
ギュル (Gür)

  • 仏エメロード級

目次へ移動する


機雷戦艦艇[編集]

敷設艦艇[編集]

機雷敷設艦
  • ヌスレト (Nusret) - 1隻

目次へ移動する


両用戦艦艇[編集]

揚陸艦艇[編集]

戦車揚陸艦 (LST )
オスマン・ガーズィ (Osman Gazi)
サルジャベイ (Sarucabey)、スリン (Surin)
エルトゥールル (Ertuğrul)、セルダール (Serdar)

戦車揚陸艇 (LCT )
  • Ç-117級 - 25隻

中型揚陸艇 (LCM )
  • Ç-302級 - 17隻


目次へ移動する


哨戒艦艇[編集]

哨戒・警備艦艇[編集]

砲艦
  • La Seyne』型 - 3隻
フズル・レイス (Hızır Reis)、イーサー・レイス (İsa Reis)、ドゥルク・レイス (Duruk Reis)[6]
  • St. Nazaire』型 - 4隻
アイドゥン・レイス (Aydın Reis)、ブラク・レイス (Burak Reis)、サクズ (Sakız)、プレヴェゼ (Preveze)
  • フズル・レイス (Hızır Reis)[7] - 1隻

水雷艇
  • ユーヌス(Yunus) - 1隻
  • Ansaldo』型 - 3隻
ドゥラチ(Draç)、ムースル(Musul)、アクヒサール(Akhisar)
  • 仏『38-metre』型 - 2隻
スルタンヒサール(Sultanhisar)、スィヴリヒサール(Sivrihisar)

目次へ移動する


補助艦艇[編集]

練習艦艇[編集]

練習艦

目次へ移動する


その他[編集]

航洋曳船
  • インティバー (İntibah)[9] - 1隻
  • セラーニク (Selanik) - 1隻

ランチ・
  • Thornycroft』型 - 9隻
No.3、4、9、10、11、17、18、19、20
  • 『S.V.A.N』型 - 3隻

王室ヨット
  • エルトゥールル (Ertoğrul) - 1隻
  • ソョユトル (Söğütlü) - 1隻

目次へ移動する


関連組織所属船艇[編集]

目次へ移動する

脚注[編集]

  1. ^ 「世界の海軍 2011-2012」(海人社)より。排水量20t以上の艦艇をカウント。括弧内は2010-2011年版からの変動。
  2. ^ 旧・『ゲーベン (Goeben)
  3. ^ 旧・露『プルート (Prut)』
  4. ^ 元・『アブデュルハミド (Abdülhamid)』
  5. ^ 1974年7月22日に飛行機のミスにより沈没、同7月1日にトルコに引き渡された(DD-859)ノリスに引き継がれる
  6. ^ 後に『ケマル・レイス (Kemal Reis)』
  7. ^ ドイツ教育機関に貸出
  8. ^ 旧・装甲艦
  9. ^ 旧・『ウォーレン・ヘースティングズ (Warren Hastings)』

参考文献[編集]

  • Combat Fleets of the World
  • Conway's All The World's FIGHTING SHIPS
1924, 1928, 1931

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

目次へ移動する