トルクメン人 (イラク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トルコマン人から転送)
移動: 案内検索

トルクメン人は、イラク北部に居住するテュルク系民族トルコマン人とも称される。イラク国内の民族としてはアラブ人クルド人に次ぐ人口を有する。

概要[編集]

言語はテュルク諸語に属する。ほとんどがイスラム教徒であり、1947年国勢調査ではスンナ派の信者が約5万人、シーア派の信者が約4万2000人となっている[1]。イラク国内におけるトルクメン人による政党としては、イラク議会英語版に議席を有するイラク・トルクメン戦線英語版などが存在する。

2014年8月30日、イスラーム国の勢力により包囲されていたアミルリ英語版(アルミル)のシーア派トルクメン人に対して、イラク政府からの要請によりアメリカイギリスフランスオーストラリアの4カ国は共同で人道支援物資の供給を実施した。またアミルリ周辺では米軍によりイスラーム国勢力に対する空爆が行われた[2][3]。翌31日にはイスラーム国の勢力が撤退し、2カ月以上にわたった包囲網は解かれた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 酒井啓子イラクにおけるトルコマン民族 -民族性に基づく正当化か、政党の脱民族化か-」(削除のためインターネットアーカイブによる)
  2. ^ 【イラク情勢】北部アミルリで空爆 英仏豪も投下作戦に参加 MSN産経ニュース 2014年8月31日
  3. ^ イラク北部、米英など支援物資を投下 イスラム国が包囲 朝日新聞 2014年9月1日
  4. ^ イラク軍、北部の町を奪還 MSN産経ニュース 2014年9月1日

関連項目[編集]