トリフルラリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリフルラリン[1]
識別情報
CAS登録番号 1582-09-8 チェック
PubChem 5569
特性
化学式 C13H16F3N3O4
モル質量 335.28 g/mol
外観 橙色の結晶
匂い 無臭
密度 1.06
融点

46-47℃

沸点

139-140℃ (@ 4.2 mmHg)

への溶解度 0.0024 g/100 mL
危険性
引火点 27.5
半数致死量 LD50 500 mg/kg (ラット、経口)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリフルラリン: trifluralin)は有機フッ素化合物の一種。

用途[編集]

アメリカのイーライリリー社が開発した除草剤で、日本では1966年2月26日に農薬登録を受けた。「トレファノサイド」などの商品名で、野菜畑や花畑、桑畑、茶畑、非農耕地などで、イネ科雑草やハコベなどに対し使用される[2]2007年9月20日にはヨーロッパで認可が取り消された。

安全性[編集]

半数致死量(LD50)はラットへの経口投与で2,517mg/kg、ラットへの経皮投与で5,000mg/kg以上[3]一日摂取許容量(ADI)は0.024mg/kg/day[2]。条件により可燃性で、加熱・燃焼により分解し、窒素酸化物フッ化水素を含む腐食性のある有毒ガスを生じる[4]発癌の疑い、および水生生物やミツバチへの毒性がある。日本の食品衛生法による残留基準値は、0.001ppmである。

問題となった事例[編集]

  • 2012年2月、ベトナムからバサ(白身魚)の切り身を輸入した商社が自主検査を実施したところ、0.012ppmのトリフルラリンを検出。自主回収を行っている[5]

脚注[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 9598.
  2. ^ a b 植村振作・河村宏・辻万千子・冨田重行・前田静夫著 『農薬毒性の事典 改訂版』 三省堂、2002年ISBN 978-4385356044
  3. ^ 製品安全データシート(安全衛生情報センター)
  4. ^ 国際化学物質安全性カード
  5. ^ ベトナム産 冷凍バサ切身 回収のお知らせ神栄株式会社プレスリリース(平成22年2月17日)