トリフルオロ酢酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリフルオロ酢酸
{{{画像alt2}}}
{{{画像alt3}}}
識別情報
CAS登録番号 76-05-1 チェック
PubChem 6422
ChemSpider 10239201 チェック
UNII E5R8Z4G708 チェック
ChEBI CHEBI:45892 ×
ChEMBL CHEMBL506259 チェック
RTECS番号 AJ9625000
特性
化学式 C2HF3O2
モル質量 114.02 g/mol
外観 無色の液体
密度 1.489 g/cm3, 20 °C
融点

-15.4 °C, 258 K, 4 °F

沸点

72.4 °C, 346 K, 162 °F

への溶解度 混和性
酸解離定数 pKa 0.23 [1]
危険性
MSDS External MSDS
主な危険性 高い腐食性
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
3
1
Rフレーズ R20 R35 R52/53
Sフレーズ S9 S26 S27 S28 S45 S61
関連する物質
関連するperfluorinated acids ペルフルオロオクタン酸
関連物質 酢酸
トリクロロ酢酸
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリフルオロ酢酸(トリフルオロさくさん、trifluoroacetic acid)は化学式が C2HF3O2、またはCF3COOH と表されるカルボン酸である。しばしば TFA と略される。吸湿性があり、酸化力の無い有機強酸である。

分子構造は酢酸と似ているが、メチル基の水素が3個のフッ素原子に置換している。フッ素の電子求引性によりプロトン解離時のアニオン(共役塩基)は負電荷が非局在化し安定化されるため、酢酸よりも強い酸性を示す。トリフルオロ酢酸は有機溶媒に可溶な強酸であるという特徴から、しばしば有機合成化学において用いられる。酢酸と似た刺激臭を持つ無色の液体で、水にも混和性があり、酸解離定数 pKaは -0.3 である。

国際化学物質安全性カード (ICSC) では[2]ヒトの身体への暴露について、「あらゆる接触を避ける」と記している。特に水中生物への有害性が高いため、漏洩物処理については「環境中に放出してはならない」とする。

合成[編集]

トリフルオロ酢酸の合成には、シモンズ法による酢酸のフッ素化が最も良い方法とされている。フッ化水素と酢酸の混合物の適切な電圧で電気分解させたときの陽極における電気的フッ素化反応は、カルボン酸が壊れない穏やかな反応である。

出典[編集]

  1. ^ Ref 1 in Milne, J. B.; Parker, T. J. (1981). “Dissociation constant of aqueous trifluoroacetic acid by cryoscopy and conductivity”. Journal of Solution Chemistry 10 (7): 479. doi:10.1007/BF00652082. 
  2. ^ http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1673c.html

外部リンク[編集]