トリニダッド (葉巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリニダッド(Trinidad)とは、キューバ共和国ハバナ州で生産されている葉巻の銘柄の1つ。

概要[編集]

コイーバと同じく政府高官用に生産されていたのであるが、トリニダッドはコイーバが市場用に解禁された1982年に政府用となった。現在トップブランドとして確立しているコイーバの上位種となり、ブランドランクのみで考えた場合トリニダッドがキューバ最上位に位置する葉巻となる。解禁されたのが1994年以降と比較的近年でありコイーバと比べて知名度はまだ低いものの、軒並み高評価で、ミディアム~フルボディで味わい深い芳香が特徴とされる。

生産開始年数は不明で、1994年パリにおいてシガー業界の販売促進用としてマスコミ用に振舞われたのが、キューバ以外の海外での初見とされており、それ故に“94年以降から市場に出回った”とされているのみであり、流通を通して販売が可能となったのは1998年頃からとされているが、生産やその他に関しての正確な日時はハッキリしていない。94年当時のマスコミのインタビューの中でキューバ政府関係者もトリ二ダッドの存在を知らない者がいると判明し[1]、長年に渡り幻の葉巻とされてきたが、現在においては流通はある程度安定しており、幻のイメージに反して日本国内においても購入は容易である。

種類[編集]

解禁より日が浅く、レパートリーは豊かではないが、ロブストサイズからショートサイズまで基本的な物は揃えてある。

尚、市場解放前はパルマ・ラルガサイズのフレンダロスのみであった。以下は現在入手出来る主なサイズ。

製品名 価格 長さ 太さ 備考
Trinidad Reyes 2,000 110mm 15.8mm ショートサイズ
Trinidad Coloniales 3,200 132mm 17.0mm コロナサイズ
Trinidad Robusto Extra 4,600 155mm 19.8mm ロブストサイズ
Trinidad Fundadores 4,100 192mm 15.9mm パルマ・ラルガ

その他[編集]

トリニダット(Trinidad)は、キューバの都市のひとつで、1988年に世界遺産に登録されている「トリニダードとロス・インヘニオス渓谷」にちなんで付けられている。

注釈[編集]

  1. ^ Cigar Handbook 2005~シガーハンドブック 2005:The Connoisseur's Guide 2005より

関連項目[編集]