トリッチ・トラッチ・ポルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリッチ・トラッチ・ポルカ』(ドイツ語: Tritsch-Tratsch-Polka, 作品214)は、ヨハン・シュトラウス2世1858年に作曲したポルカである。パヴロフスク遠征大成功の余勢を駆って書かれた作品である。

「トリッチ・トラッチ」というドイツ語は、「女のおしゃべり」と解釈することが出来るので、ウィーンっ子のゴシップ好きに関係しているのかもしれないが、あるいはヨハン・シュトラウス2世は、オーストリア役者で喜劇作家ヨハン・ネポムク・ネストロイ原作による、第1幕の戯作『井戸端会議』(Der Tritsch-tratsch, 1833年初演、アドルフ・ミュラー1世の音楽による)を参考にしたのかもしれない。この戯曲は、ポルカが作曲された時代になってもまだ上演されていたのである。

この曲の雰囲気は、多くのヨハン・シュトラウス2世のポルカと同じく、軽快で威勢が良い。なおヨハン・シュトラウス2世の最初の妻ヘンリエッタ・トレフツが飼っていたプードルもまた「トリッチ・トラッチ」という名であった。もともとは合唱つきで、ウィーン少年合唱団などのレパートリーとして残っているのはその名残である。

日本国内においては小学校の運動会で比較的よく流される曲であり、知っている人も多い。