トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム(0)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム(0)

트리스(디벤질리덴아세톤)디팔라듐

Pd2(dba)3.pngTris(dibenzylideneacetone)dipalladium(0)-3D-balls.png
IUPAC名 トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム(0)
別名 Pd2(dba)3
分子式 C51H42O3Pd2
分子量 915.7
CAS登録番号 [51364-51-3]
融点 152 -155 °C

トリス(ジベンジリデンアセトン)ジパラジウム(0)(Tris(dibenzylideneacetone)dipalladium(0)、Pd2(dba)3)は、パラジウムジベンジリデンアセトン (DBA) からなる錯体で、有機合成化学において遷移金属触媒、あるいは触媒の前駆体として用いられる[1]テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) などと並び、0価のパラジウム化合物の代表例とされる。外見は深い紫色の固体。

合成[編集]

ジベンジリデンアセトンと酢酸ナトリウムの熱メタノール溶液に塩化パラジウム(II)を加えて反応させると Pd(dba)2 が生じる。これをクロロホルム中から再結晶させるとクロロホルム付加体 Pd2(dba)3•CHCl3 が得られる[2]

用途[編集]

根岸カップリングキャロル転位、そして不斉アリル位アルキル化反応の触媒として使われる。また、ホスフィンなどさまざまな配位子を加え、対応する Pd(0)錯体を系中で発生させるための前駆体として用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Tsuji, J. "Tris(dibenzylideneacetone)dipalladium-Chloroform" Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis, L.A. Paquette, Ed.: J. Wiley and Sons: Sussex, England, vol. 8, pp. 5431 (1996).
  2. ^ 『実験化学講座』丸善、第4版、18巻、1991年、404ページ.

関連項目[編集]