トリコスタチンA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリコスタチンA
IUPAC命名法による物質名
7-[4-(dimethylamino)phenyl]-N-hydroxy-4,6-dimethyl-7-oxohepta-2,4-dienamide
臨床データ
胎児危険度分類 D—催奇性
法的規制  ?
識別
CAS登録番号 58880-19-6
ATCコード None
PubChem CID 444732
DrugBank DB04297
ChemSpider 392575
ChEBI CHEBI:46024
ChEMBL CHEMBL99
化学的データ
化学式 C17H22N2O3 
分子量 302.37 g/mol

トリコスタチンA(trichostatin A、略称: TSA)は、抗真菌抗生物質として働く有機化合物の一つである。1976年に、塩野義製薬の辻らによってStreptomyces hygroscopicusから単離された[1]

TSAはクラスIおよびIIほ乳類ヒストン脱アセチル化酵素 (HDAC) ファミリーに属する酵素を選択的に阻害するが、クラスIII HDAC(例: サーチュイン)は阻害しない[2]。TSAは成長期の開始時期の間に真核生物細胞周期を阻害する。TSAはヒストンからアセチル基を取り除く酵素の活性を妨げることによって遺伝子発現を変化させるのに使用することができ、ゆえにDNA転写因子クロマチン内のDNA分子にアクセスする能力を変化させる。TSAは幅広いエピジェネティック活性スペクトルを有するヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(HDIあるいはHDACI)に属する。ゆえに、TSAは抗がん剤としての潜在能力を有する[3]。提唱されている作用機序に一つは、TSAがアポトーシス関連遺伝子の発現を促進し、がん細胞の生存率を低下させ、がんの進行を遅らせるというものである[4]。その他の作用機序としては、細胞の分化を誘導するため腫瘍中に見られる脱分化した細胞の一部を「成熟」させるHDIの活性が挙げられている。HDIはヒストンエフェクターではない分子にも複数の効果を有していることから、現在のところ抗がん機構は実際は不明である。

TSAはHDAC1、2、3、4、6、10をIC50 約20 nMで阻害する[5]

TSAはマウスN9およびラット初代ミクログリア細胞においてIL(インターロイキン)-1β/LPS(リポ多糖)/IFNγ(インターフェロンγ)によって誘導される一酸化窒素合成酵素 (NOS) 2の発現を抑制する[6]

脚注[編集]

  1. ^ Tsuji N, Kobayashi M, Nagashima K, Wakisaka Y, Koizumi K (1976). “A new antifungal antibiotic, trichostatin”. J. Antibiot. 29 (1): 1-6. doi:10.7164/antibiotics.29.1. PMID 931784. 
  2. ^ Vanhaecke T, Papeleu P, Elaut G, Rogiers V (2004). “Trichostatin A-like hydroxamate histone deacetylase inhibitors as therapeutic agents: toxicological point of view”. Curr Med Chem 11 (12): 1629–43. PMID 15180568. 
  3. ^ Drummond DC, Noble CO, Kirpotin DB, Guo Z, Scott GK, Benz CC (2005). “Clinical development of histone deacetylase inhibitors as anticancer agents”. Annu Rev Pharmacol Toxicol 45: 495–528. doi:10.1146/annurev.pharmtox.45.120403.095825. PMID 15822187. 
  4. ^ Shankar S, Srivastava RK (2008). “Histone deacetylase inhibitors: mechanisms and clinical significance in cancer: HDAC inhibitor-induced apoptosis”. Adv Exp Med Biol. Advances in Experimental Medicine and Biology 615: 261–98. doi:10.1007/978-1-4020-6554-5_13. ISBN 978-1-4020-6553-8. PMID 18437899. 
  5. ^ http://www.freepatentsonline.com/y2009/0263353.html
  6. ^ Adcock, M. (2007). “HDAC inhibitors as anti-inflammatory agents”. Br. J. Pharmacol. 150 (7): 829-831. doi:10.1038/sj.bjp.0707166. PMC 2013887. PMID 17325655. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2013887. 

推薦文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]