トリクロロフルオロメタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリクロロフルオロメタン
構造式 分子模型
IUPAC名 トリクロロフルオロメタン
別名 フロン11
CFC-11
R-11
分子式 CCl3F
分子量 137.37
CAS登録番号 [75-69-4]
形状 無色の液体または気体
密度 1.49 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 4.7(空気 = 1)
融点 −111 °C
沸点 24 °C
SMILES C(F)(Cl)(Cl)Cl
出典 ICSC

トリクロロフルオロメタン (trichlorofluoromethane) は分子式 CCl3F で表されるフロン類の一種で、フロン11CFC-11R-11とも表記される。においのほとんどない無色の液体で、室温付近で沸騰する。

1992年モントリオール議定書締結国際会議において製造禁止とされている物質で、日本政府のフロンガス規制対象である「特定フロンガス」にも指定されている。

用途[編集]

かつては冷却剤として広く用いられていた。他の冷却材と比べて沸点が高く、稼動圧の低い系でも使うことができたため、ジクロロジフルオロメタン (CCl2F2, R-11) やクロロジフルオロメタン (CHClF2, R-22) など、より高圧で扱う必要があったものよりも要求の低い装置設計が可能であった。

含有する塩素原子の割合が大きいこと、さらに紫外線にさらされると分解しやすいことから、冷却材として使われていた物質の中で最もオゾン破壊係数の高いもののひとつであった(係数が1.0と定義されている)。アメリカ合衆国での製造は1995年に終了した。

19F NMR の基準物質として使われる。