トリガー (SS-564)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Trigger (SS-564), side view.jpg
艦歴
発注
起工 1949年2月24日
進水 1951年6月14日
就役 1952年3月31日
退役 1973年7月2日
その後 イタリアに売却
除籍 1973年7月2日
性能諸元
排水量 水上 1,615トン、水中 1,990トン
全長 269 ft (82 m)
全幅 27 ft (8 m)
吃水 17 ft (5 m)
機関
最大速 水上15.5ノット (29 km/h)
水中18.3ノット (34 km/h)
乗員 士官、兵員88名
兵装 21インチ魚雷発射管8門

トリガー (USS Trigger, SS-564) は、アメリカ海軍潜水艦タング級潜水艦の1隻。艦名はモンガラカワハギ科の魚の一種、トリガーフィッシュに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

トリガーは1949年2月24日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1951年6月14日にロイ・S・ベンソン夫人によって命名、進水し、1952年3月31日に艦長エドワード・L・ビーチ中佐の指揮下就役する。

ブラジルリオデジャネイロ沖での整調訓練後、トリガーは母港のコネチカット州ニューロンドンに帰還し、その年の残りは沿岸での活動に従事した。2月にカリブ海を巡航し、3月28日にニューロンドンに帰還、1957年8月16日まで東海岸での作戦活動を継続した。その後、トリガーは原子力潜水艦ノーチラス (USS Nautilus, SSN-571) と合流し、北極海へ向かった。グリーンランド海北方の海氷下で10日間を過ごし、その後も何回かの海氷下の巡航を行った。9月16日から10月1日までトリガーはNATO軍の演習「ストライクバック作戦」に参加した。その後イギリスポートランドおよびフランスルアーブルを訪問し、ニューロンドンに帰還すると通常の作戦任務を再開した。

1958年1月14日、トリガーはメイン州キタリーポーツマス海軍造船所に入渠し、広範囲な改修が行われた。4基の高速ではあるがトラブルの多かったエンジンは、3基の中速かつ信頼できるエンジンに換装された。船体は二つに切断され、より大きく整備しやすいエンジンを収めるため9フィート延長された。トリガーは8月15日にニューロンドン沖で回復訓練を行った。1959年2月2日にニューロンドンを出航し、北大西洋での拡張作戦活動を開始した。トリガーはスコットランドファスレーンを訪問し、4月後半に母港へ帰還した。

8月1日、トリガーは新たな母港のサウスカロライナ州チャールストンで第4潜水戦隊に加わる。9月後半から10月前半にかけてNATOの演習「Fishplay」に参加した。トリガーはその後10年にわたってチャールストンを拠点として作戦活動に従事し、1962年4月10日から8月6日、1966年7月7日から10月29日、1969年10月7日から1970年2月2日までの期間、地中海に展開した。1964年1月6日から8月6日まで、SUBSAFE プログラムに従った改修が行われた。また、1968年1月3日から1969年6月6日まで、新型の PUFFS パッシブソナー・システムを収納するための船体延長が行われた。

1970年8月10日、トリガーは太平洋艦隊に合流するためチャールストンを出航して西海岸に向かった。途中モンテゴ・ベイロッドマンおよびアカプルコを訪問し、9月6日に新たな母港のカリフォルニア州サンディエゴに到着、第3潜水戦隊に加わった。11月18日にワシントン州バンゴールに向けて出航、Mk48 魚雷の試験で1ヶ月間を過ごした。1971年3月3日から6月7日まで、再びバンゴールでのMk48魚雷の選択試験活動に参加した。1971年7月から1972年4月までハンターズ・ポイント海軍造船所オーバーホールが行われた後、ナヌース湾の音響試験海域への巡航を行い、5月25日にサンディエゴへ帰還した。

10月17日、トリガーは最初の西太平洋配備に就いた。10月31日にクリスマス島を訪問し、11月10日にニュージーランドオークランドに到着した。トリガーは第7艦隊に合流し、アメリカ、ニュージーランド、カナダオーストラリア各国海軍の共同演習「Longex 7」に参加した。12月1日にオークランドを出航し、12月18日にスービック湾に到着する。1972年12月29日から1973年1月25日まで、トリガーは特別任務に従事した。2月3日にフィリピンを出航、香港を訪問した後台湾沖でのアメリカ、カナダ両国海軍による合同演習に参加した。2月20日に横須賀に向けて出航、日本での修理作業の後3月16日に帰国の途に就いた。

トリガーは4月5日にカリフォルニア州サンディエゴに到着した。6月25日にイタリア海軍兵士の訓練を開始する。トリガーは1973年7月2日に退役、同日除籍され、7月10日にイタリア海軍へ移管された。

イタリア海軍で[編集]

イタリア海軍ではリビオ・ピオマルタ (Livio Piomarta, S-515) の艦名で就役し、1986年2月28日に退役した。

外部リンク[編集]