トリエステから来た女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリエステから来た女
La ragazza di Trieste
監督 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
脚本 オッタヴィオ・イェンマ
原作 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
製作 アキッレ・マンツォッティ
製作総指揮 ルチアーノ・ルナ
出演者 ベン・ギャザラ
オルネッラ・ムーティ
音楽 リズ・オルトラーニ
撮影 アルフィーオ・コンティーニ
編集 アメデオ・サルファ
製作会社 ファーゾ・フィルム
配給 イタリアの旗 メドゥーザ・フィルム
日本の旗 デラ・コーポレーション
公開 イタリアの旗 1982年10月28日
日本の旗 1987年11月21日
上映時間 113分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

トリエステから来た女』(トリエステからきたおんな、イタリア語: La Ragazza di Trieste, 「トリエステの娘」の意)は、1982年(昭和57年)製作・公開、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督のイタリア映画である[1][2]。DVD別題『ラ・ラガッザ・ディ・トリエステ トリエステの恋人』(ラ・ラガッザ・ディ・トリエステ トリエステのこいびと)。

略歴・概要[編集]

本作は、1982年、同年にパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレが発表した小説 La Ragazza di Trieste を原作に、ルチアーノ・ルナが経営するイタリアの映画会社ファーゾ・フィルムが製作を開始、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州トリエステ県トリエステ市内等でロケーション撮影を行い、完成した[1]

同年10月28日、同国の映画会社メドゥーザ・フィルムが配給してイタリア国内で公開された[1]。イタリア国内では、メドゥーザ・ヴィデオが91分版のDVDを発売している。

日本では、1987年(昭和62年)11月21日六本木俳優座シネマテンで1週間だけレイトショウ公開された。ビデオグラムに関しては、1988年(昭和63年)3月21日、コロムビアミュージックエンタテインメント(現在の日本コロムビア)がVHSベースで、2009年(平成21年)10月17日、アヴァンツが『ラ・ラガッザ・ディ・トリエステ トリエステの恋人』のタイトルでDVDを発売している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順

参考文献[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c La Ragazza di Trieste, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月14日閲覧。
  2. ^ La Ragazza di Trieste, allmovie (英語), 2011年2月14日閲覧。
  3. ^ Luciano Luna - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月14日閲覧。
  4. ^ Ezio Altieri - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月14日閲覧。
  5. ^ Wayne A. Finkelman - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月14日閲覧。
  6. ^ Amedeo Salfa - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]