トラヴィス・スチュアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トラヴィス・スチュアート(Travis Stewart)は、主にエレクトロニカ等の電子音楽を作曲する音楽家で、Merckの設立に大きく貢献した一人である。

彼のデビューアルバムはシンドローン(Syndrone)名義によるもので、Autechreのようなグリッチノイズと、旋律的な要素を特徴とする作品である。このデビューアルバムTriskaidekaは生産された1000枚全てが完売し、ヨーロッパIDMを扱うレーベルDjak-Up-Bitch(DUB)によって4曲に編集された12インチのEPとして再発されることとなった。

また、彼は2000年より音響のマスタリングを学ぶ為の専門学校に通い、そこで様々な楽器や音楽サンプルと出合った。この経験が彼の新しい名義である、マシーンドラム(Machinedrum)に直結することとなる。このマシーンドラムという名義は前述のシンドローン名義とは打って変わってヒップホップ調の音色や展開、IDM的な旋律や、Prefuse73のようにラップのボーカルサンプリングし、細切れにして並べ直したカットアップと呼ばれる音楽的技法が特徴で、ナウ・ユー・ノウハーフ・ザ・バトル等のアルバムをリリースしていった後、更に音楽的に成長した印象を受けるアーバン・バイオロジービッドネズの2タイトル、また再びシンドローン名義によるアルバムSalmataxiaを発表する。

外部リンク[編集]