トランスワールド航空847便テロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランス・ワールド航空 847便
出来事の概要
日付 1985年6月14日
概要 ハイジャック
現場 レバノン周辺
乗客数 152人
死者数 1人
機種 ボーイング727
運用者 トランス・ワールド航空
機体記号 N64339

トランスワールド航空847便テロ事件(TWA Flight 847)とは、1985年6月14日金曜日に発生した、旅客機を狙ったハイジャックテロ事件である。長期にわたって続いたハイジャック事件で、乗客として搭乗していたアメリカ海軍のダイバー1人が射殺された。

事件の概要[編集]

事件にあった旅客機は、当時、アメリカで最大手航空会社であったトランス・ワールド航空 (TWA) が運航する、847便であった。機種はボーイング727(機体記号N64339)であった。

847便は、1985年6月14日金曜日にアテネギリシャ)からローマイタリア)に向けて飛行していた。午前10時10分に出発し、153人の乗客と乗員を乗せて飛行中、乗客として搭乗していたイスラム過激派を名乗る2人のテロリストによってハイジャックされた。

彼らの要求は、

  • イスラエルによって捕らえられたすべてのレバノン人の解放
  • 南レバノンでのイスラエルの軍事活動の停止
  • 中東でのアメリカの軍事活動の停止

であった。

ベイルートとアルジェでの給油[編集]

しばらく飛行を続け、まもなくレバノンベイルート国際空港に着陸、そこで燃料の給油を行った。給油の引き換えに、犯人は19人の乗客を解放した。 数時間後に847便は再び離陸し、犯人たちの指示によって飛行を再開する。 午後になって、847便はアルジェリアの首都アルジェで20人の乗客を解放した。

乗客の射殺[編集]

その後、再び847便はベイルートに向けて飛行を再開したが、今回は着陸はしなかった。 代わりに犯人たちは乗客の中からアメリカ海軍のダイバー、ロバート・ステザム二等水兵を見つけ、拳銃で右のこめかみを撃ち射殺した。遺体は、犯人たちによって旅客機から地上の道路に投げ落とされた。

再びベイルートとアルジェへ[編集]

12人近くの武装兵を加えた後、847便は15日土曜日になって再びアルジェに着陸する。今度は、65人の乗客を解放した。 16日に847便はまたもベイルートに向かい、午後に着陸した後そこに留まった。着陸後、残る40人の人質のうち1人が心臓病を悪化させたため解放された。 39人になった人質は、30日までそのまま拘束された後解放された。その後シリアまで車で移送され、米軍機によって西ドイツへと送られた。

犯人は逮捕され、17日間のハイジャック事件は終わった。

イスラエル政府はハイジャックが終結してから700人を超えるシーア派の囚人を解放したが、ハイジャックとは無関係であり、以前から計画されていたものであるとしている。