トランスアメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランスアメリカ
Transamerica
監督 ダンカン・タッカー
脚本 ダンカン・タッカー
製作 セバスチャン・ダンガン
リンダ・モラン
ルネ・バスティアン
製作総指揮 ウィリアム・H・メイシー
出演者 フェリシティ・ハフマン
音楽 デヴィッド・マンスフィールド
主題歌 ドリー・パートン
撮影 スティーヴン・カツミアスキー
編集 パム・ワイズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年12月23日
日本の旗 2006年7月22日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,000,000
興行収入 $15,151,744[1]
テンプレートを表示

トランスアメリカ』(Transamerica)は、2005年アメリカ映画である。監督はこれが1作目となるダンカン・タッカー。

概要[編集]

性同一性障害のブリーが、実の息子であるトビーに自分が父親であることを隠したまま、共にアメリカ大陸横断 (トランスアメリカ) の旅に出ることになる。タイトルは、生まれたときの身体の性と異なる性で生活することを望む人を指す単語「トランスジェンダー」に掛けたもの。

主人公のブリーを演じたフェリシティ・ハフマンは、この映画の演技で高い評価を得て、ゴールデングローブ賞主演女優賞)など数々の賞を受賞した。第78回アカデミー賞では主演女優賞候補にノミネートされた。ドリー・パートンがこの映画のために書き下ろした「Travelin' Thru」も歌曲賞でノミネート。しかし、両方とも受賞は逃し、アカデミー賞では無冠に終わる。

また、第21回インディペンデント・スピリット賞では、フェリシティ・ハフマンとダンカン・タッカーがそれぞれ主演女優賞と新人脚本賞を受賞。ハフマンはナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 (2005年) でも受賞している。

日本では2006年7月23日よりシネスイッチ銀座で公開された。

ストーリー[編集]

性別適合手術を一週間後に控えたブリーの元に、ニューヨークから一本の電話があった。相手はトビーという17歳の少年で、拘置所におり、自分の父親スタンレーと話がしたいという。しかし、スタンレーとはブリーの以前の名前であった。自分に息子がいるとは知らなかったブリーだが、トビーの保釈のため、仕方なくニューヨークに向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ブリー フェリシティ・ハフマン 戸田恵子
トビー ケヴィン・ゼガーズ 浪川大輔
エリザベス フィオヌラ・フラナガン 谷育子
マーガレット エリザベス・ペーニャ 田中敦子
シドニー キャリー・プレストン
マーレー バート・ヤング 富田耕生
カルヴィン グラハム・グリーン 石田圭祐

スタッフ[編集]

その他・備考[編集]

  • また、アメリカで有名なボードゲームにも「トランスアメリカ」TransAmericaというものがある。自分が指定されたアメリカ大陸の五都市を線路で繋げることを目指すゲームである。(参照
  • 日本語吹き替え版のブリー役戸田恵子は、声優ではなく俳優としてのテレビドラマ初主演となるWOWOW制作の『ママは昔パパだった』でブリーと同じく性同一障害の元男性・仁美役を演じている。

日本においてのこの映画に関する情報[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Transamerica”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]