トラム (ストラスブール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストラスブールのトラム(後期増備車の"シタディス")

フランスストラスブールで運行されているトラムはCTS(Compagnie des transports strasbourgeois,ストラスブール輸送会社)によって運営されている。路線網はA・B・C・D・Eの5系統で構成され、AとD系統は1994年に開業した。B・C系統は2000年に、E系統は2007年にそれぞれ開業している。

車両はアセア・ブラウン・ボベリ(その後ボンバルディア・トランスポーテーション)の「ユーロトラム」の5車体連接車と7車体連接車が開業時に用意された。その後の増備車は、アルストム社製の7車体連接車“シタディス”が初期開業区間の利用者が多い区間に重点的に投入され、「ユーロトラム」は他線区の運用に転じている。最初に導入されたユーロトラムは車体のオーバーハングが最小限になるように設計され、付帯施設もその車両に合わせた建築限界に従って設計されている為、その後の増備車であるアルストム製のシタディスは台車の位置を改める等の改良を施して新たに設計をし直しているストラスブールのみの特別仕様となっている。

沿革[編集]

オム・ド・フェール

最初のストラスブールでのトラムは1878年に開業した馬車軌道にさかのぼる。1930年には234kmの路線網を形成し、ストラスブールからマッシフ・デ・ヴォージュ(Massif des Vosges)やコルマールライン川を越えドイツ方面まで伸びていた。1930年には年間5,500万人、1943年には7,150万人の旅客数があった。 しかしながら第二次世界大戦によってすでに弱められ、1950年代に入ると路線バス自転車自家用車などの競争に押されていた。1960年には、トラムを廃止してバス路線網に置き換えることになった。ストラスブールでは1960年5月1日をもって廃止されてしまった。その後、多くの自家用車が利用されることになる。

増え続ける自動車交通と公害のため、1985年には一旦新交通システムVALの導入が検討されたが、費用対効果に市民運動による疑問の声が出て1989年にVALか路面電車かを争点とする市長選挙が行われ、社会党のカトリーヌ・トロットマンが当選、1990年代に新しいトラム網を構築することを決定した。都市改造計画は1992年に、都心部を迂回する環状道路の完成を契機として進められ、都心を南北に貫く縦貫道路を遮断し、大幅な交通体系の刷新を行った他、都心部をトランジットモールなど歩行者専用に戻すことも目指された。都心部などの主要道路での自動車交通は排除され、駐車施設なども郊外のパークアンドライド方式に改められた。1994年には最初の路線であるA系統が開業している。

近年では、環境を重視した都市計画のモデルケースのひとつとして、世界各国から注目を浴び、視察も数多く訪れている。

路線系統[編集]

2010年頃の路線予定図

2007年8月25日現在、5系統53kmで営業運転を行っている。トラムの各系統が集中するハブとなっているオム・ド・フェール電停はストラスブール中心部のクレベール広場(別名:鉄の男広場)に近い。A、B系統は特に利用者が多く、現在は前述の通り、開業当初の車両は他の路線に転出し、7車体連接車のシタディスが主に運用に就いている。

  • Line A: (12.5 km)
  • Line B: (14.9 km)
  • Line C: (8.1 km)
  • Line D: (5.6 km)
  • Line E: (10.6 km)
  • Line F: (5.6 km)
A オートピエール・マイヨン - ダント - オピタル・ド・オートピエール - デュック・ダルザス- サン・フローラン - ロトンド - ガール・サントラル (ストラスブール駅前) - アンシエンヌ・シナゴーグ・レアール - オム・ド・フェール - ラングストロース・グラン・リュ - ポルト・ド・ロピタル - エトワール・ブルス - シュルートフェルト - クリンメリ・スタッド・ド・ラ・メノー - エミール・マティス - オーワルト - バゲルゼ - コローヌ - ルクレール - キャンピュス・ディルキルシュ- イルキルシュ・リクサンビュル
B オストヴァルド・オテル・ド・ヴィル -ウィレル - エルメルフォルスト - マルタン・ションゴウール - エルゾー - モンターニュ・ヴェルト - レトリー - ミュゼ・ダール・モデルヌ(近代美術館前) - フォブール・ナシオナル- アルト・ヴィンマリク (ヴュー・マルシェオヴァン) - オム・ド・フェール - プラス・ブログリ - レピュブリック - パルク・デュ・コンタッド- リセ・クレベール - ヴァッケン - リーブ・ド・ラール- フューチュラ・グラシェル- ル・マレ - ポン・ファリオ - リセ・マルク・ブロック - ル・リエド- ジェネラル・ド・ゴール - オーエナイム・ガール
C エルゾー - モンターニュ・ヴェルト - レトリー - ミュゼ・ダール・モデルヌ(近代美術館前) - フォーブル・ナシオナル - アルト・ヴィンマリク (ヴュー・マルシェオヴァン) - オム・ド・フェール - プラス・ブログリ - レピュブリック - ガリア - ユニヴェルシテ (大学) - オプセルバトワール - エスプラナード - ワンストン・シュルシル - ランズベール - ジャン・ジョレス - リセ・ジャン・モネ - グラヴィエール - キビツノー - サン・クリストフ - ヌオフ・ロドルフ・ルス
D ロトンド - ガール・サントラル(ストラスブール駅前) - アンシエンヌ・シナゴーグ・レアール - オム・ド・フェール- ラングストロース・グラン・リュ - ポルト・ド・ロピタル - エトワール・ブルス - エトワール・ポリゴンヌ - ランズベール - ジャン・ジョレス - アリスティッド・ブリアン
E バゲルゼ - オーワルト - リセ・クフィニャル- クリメリ・スタッド・ド・ラ・メノー - シュルートフェルト - エトワール・ポリゴンヌ - ランズベール - ウィンストン・チャーチル - エスプラナード - オプセルバトワール - ユニヴェルシテ - ガリア - レピュブリック - パルク・デュ・コンタッド- リセ・クレベール - ヴァッケン - 欧州議会場 - ドロワ・ド・ロム - ロベルソー・ベックラン
F

路線延長[編集]

  • A系統 :クロナンブール方面など北方向への延伸が計画中。
  • D系統:ドイツ・ケールへの延伸が計画中。
  • F系統 :新しいトラムトレインとなる系統。新設されるトラム区間は1.5kmだけで3つの電停が新設される。ストラスブール駅構内から連絡線を敷き、オム・デ・フェールやロベルソー・ベックランに乗り入れる。終着はE系統のエスプラナードと新しく出来るヴォーバンが予定されている。2010年から2011年にはフランス国鉄と直通運転を行う予定でグレスヴィレールやバール、モルセム市へ乗り入れ、途中、ストラスブール空港にも乗り入れ予定である。トラム区間は2009年にも開業予定。曲線区間が多いストラスブールに乗り入れるため車両は新たに開発された複電圧車トラムトレインが導入される見込み。

外部リンク[編集]