トラピスチヌ修道院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天使園トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院(トラピスチヌしゅうどういん)は、北海道函館市郊外にあるトラピスト会(厳律シトー会)系の女子修道院。日本最初の観想女子修道院である。お土産物として売られている、マダレナ(ケーキ)やクッキーが有名。

修道規律の改革が起きたとき、フランスのノルマンディー地方にある「トラップ修道院」の厳しい規律に従うシトー修道会のグループを厳律シトー修道会、修道院の場所の名を取ってトラピスト(女子はトラピスチヌ)と呼ばれるようになった。

トラピスチヌ修道院は1898年明治31年)にフランスから派遣された8名の修道女によって創立された。その後1925年大正14年)と1941年昭和16年)の2回、火災に遭い再建をしている。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「トラピスチヌ修道院」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。