トライポフォビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トライポフォビア: trypophobia, : repetitive pattern phobia[1])は、ギリシャ語trypo(punching, drilling or boring holes)+英語phobia恐怖症)として、2005年に命名された用語[2][3]

日本では、集合体恐怖症という俗称もある。

2012年時点では、アメリカ精神医学会の「精神障害の診断と統計の手引き」においては認知されてはいない[2][4]

しかし、実際に数千人規模の人が、蜂の巣の巣、蓮の実などの小さな穴の集合体に対して、恐怖・嫌悪感を抱くことを訴えているという[4]

この恐怖症に関する研究者としては、Arnold WilkinsとGeoff Coleが挙げられる[4]

脚注[編集]

  1. ^ K. Williams Brown (2010年12月12日). “The improbable horror of clusters”. Statesman Journal: p. D5. http://www.statesmanjournal.com/article/20101212/COLUMN0811/12120311/The-improbable-horror-clusters 2012年10月4日閲覧。 
  2. ^ a b Abbasi, Jennifer (2011年7月25日). “Is Trypophobia a Real Phobia?”. Popular Science. http://www.popsci.com/trypophobia 2012年10月2日閲覧。 
  3. ^ David F. Tolin, Ph.D. Face Your Fears: A Proven Plan to Beat Anxiety, Panic, Phobias, and Obsessions. John Wiley & Sons, 2012 (p. 55). ISBN 978-1118016732
  4. ^ a b c Thomas, Gregory (2012年10月1日). “Phobia about holes is not officially recognized, but U.K. scientists look into it”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/national/health-science/phobia-about-holes-is-not-officially-recognized-but-uk-scientists-look-into-it/2012/10/01/c1797a8c-dff0-11e1-a421-8bf0f0e5aa11_story.html 2012年10月2日閲覧。 

関連項目[編集]