トライアングル・シャツウェスト工場火災

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度43分48秒 西経73度59分43秒 / 北緯40.730085度 西経73.995356度 / 40.730085; -73.995356

トライアングル・シャツウェスト工場火災
Image of Triangle Shirtwaist Factory fire on March 25 - 1911.jpg
時刻 4:40 PM(現地時間)
日付 1911年3月25日
場所 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン
アッシュ・ビルディング
死者 146人
負傷者 71人

トライアングル・シャツウェスト工場火災英語: Triangle Shirtwaist Factory fire)とは、1911年3月25日にニューヨーク市マンハッタンで発生した火災であり、町の歴史の中で死者数が最多の産業災害英語版かつ、アメリカ史で死者数が最多の事故の1つである。火災により縫製工146人(女性123人、男性23人)が[1] 、火災や煙の吸引、または転落、飛び降りにより死亡した。犠牲者の大半は16歳から23歳までの近年のユダヤ人・イタリア人の移民女性であった[2][3][4]。年齢がわかっている犠牲者のうち、最高齢の犠牲者はProvidenza Panno (43) であり、最年少はケイト·レオーネと"サラ"・ロザリア・マルチーズ(ともに14)であった[5]

所有者が階段吹き抜けや出口へのドアをロックしていた (労働者の無断休憩や盗難を防ぐための当時の一般的な方法[6] )ため、燃える建物を脱出できなかった労働者の多くが8階、9階、10階から下方の通りへ飛び降りた。この火災により工場の安全基準の改善を要求する法律が制定されたり、スウェットショップの労働者の労働条件を改善するために奮闘した国際婦人服労働組合の成長に拍車がかかったたりした。

工場はマンハッタンのグリニッジ・ヴィレッジ地区のワシントン・プレイス23–29番地に位置するアッシュ・ビルディング(現在はブラウン・ビルディングやニューヨーク大学の一部として知られる)の中にあった。この建物はアメリカ合衆国国定歴史建造物およびニューヨーク市指定歴史建造物に指定されている[7]

事故直後[編集]

事故直後の文献では死者数は141人[8]から148人[9]となっているが、現代の文献の大半は火災による死者は146人(女性123人、男性23人)であるということで合意している[10][11][12][13][14][15][16]。犠牲者の死因の大半は焼死や窒息、鈍的外傷 (blunt impact injuries) か、これら3つの組み合わせであった[17]

最初に飛び降りた人は男性であり、それとは別の男性と若い女性が飛び降りて死亡する前に窓でキスしているところも見られた[18]

犠牲者は16箇所の墓地に埋葬された[10]。火災による死者のうち22人は Hebrew Free Burial Association によりマウント・リッチモンド墓地の特別な区画に埋葬された。いくつかの実例では、火災に言及する墓碑がある[19]。6人の犠牲者は2011年になっても身元不明であった[10][11]。 身元が判明しなかった6人の死者は共にブルックリンのエバーグリーンズ墓地 (Cemetery of the Evergreens) に埋葬された。当初は敷地のどこかに埋葬されたが、現在それらの遺体はこの悲劇への記念碑(ひざまずく女性が特徴的な大きな大理石板)の真下にある[20]。6人の身元不明の遺体は2011年2月にようやく身元が判明し[10]、彼女らを追悼して墓標が設置された[21]

脚注[編集]

注記

  1. ^ "Sweatshop Tragedy Ignites Fight for Workplace Safety" on the American Postal Workers Union website
  2. ^ "Triangle Shirtwaist Fire". Jewish Women: An Historical Encyclopedia on Jewish Women's Archive
  3. ^ Stacy, Greg. "Triangle Shirtwaist Fire Marks a Sad Centennial". NPR.org via Online Journal (March 24, 2011)
  4. ^ Diner, Hasia R. "Lecture: The Triangle Shirtwaist Fire and the Shared Italian-Jewish History of New York" Italian-American Magazine (March 16, 2011)
  5. ^ Von Drehle, David. “List of Victims”. Triangle: The Fire That Changed America. 2012年11月28日閲覧。
  6. ^ Lifflander, Matthew L. "The Tragedy That Changed New York" New York Archives (Summer 2011)
  7. ^ Harris, Gale. "Brown Building (formerly Asch Building) Designation Report" New York City Landmarks Preservation Commission (March 25, 2003)
  8. ^ "141 Men and Girls Die in Waist Factory Fire". The New York Times, March 26, 1911. Accessed December 20, 2009.
  9. ^ “New York Fire Kills 148: Girl Victims Leap to Death from Factory” (reprint). Chicago Sunday Tribune. (1911年3月26日). p. 1. http://www.ilr.cornell.edu/trianglefire/texts/newspaper/cst_032611.html?location=Fire! 2007年10月3日閲覧。 
  10. ^ a b c d Berger, Joseph (2011年2月20日). “100 Years Later, the Roll of the Dead in a Factory Fire Is Complete”. February 20, 2011 (New York Times). http://www.nytimes.com/2011/02/21/nyregion/21triangle.html 2011年2月21日閲覧。 
  11. ^ a b von Drehle, passim
  12. ^ "In Memoriam: The Triangle Shirtwaist Fire." The New York Times, March 26, 1997.
  13. ^ "The Triangle Factory Fire". The Kheel Center, Cornell University.
  14. ^ "98th Anniversary of the Triangle Shirtwaist Factory Fire". New York City Fire Department.
  15. ^ "Labor Department Remembers 95th Anniversary of Sweatshop Fire". U.S. Department of Labor.
  16. ^ Stein, passim
  17. ^ von Drehle, 271–83
  18. ^ von Drehle, 155–7
  19. ^ HFBA Timeline”. 2009年3月26日閲覧。
  20. ^ Evergreens Cemetery”. 2009年5月28日閲覧。 Evergreens Cemetery reports that there were originally eight burials, one male and six females, along with some unidentified remains. One of the female victims was later identified and her body removed to another cemetery. Other accounts do not mention the unidentified remains at all. Rose Freedman was the last living survivor of the Triangle Shirtwaist Factory Fire.(1893–2001)
  21. ^ Swanson, Lillian. "A Grave Marker Unveiled for Six Triangle Fire Victims Who Had Been Unknowns" Jewish Daily Forward (April 8, 2011)

文献

関連資料

外部リンク[編集]

全般

当時の記事

裁判

記事

メモリアルやセンテニアル