トヨタ・クレシダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレシダCressida )は、トヨタ自動車で生産されていたセダンタイプまたはワゴンタイプの高級中型乗用車である。

概要[編集]

マークIIセダンタイプ・ワゴンタイプないしはクレスタの姉妹車でもあり、マークIIの日本国外仕様車として親しまれた。日本だけでなくジンバブエ南アフリカ[1]で生産され、アメリカ合衆国を中心に各国へと輸出されていた。生産期間は1976年[2] から1992年(X30型 - X80型)、4代に渡って製造された。日本および世界各国では、「クレシーダ」と呼ばれることが多い。

セダンタイプは、歴代のマークIIの最大排気量モデル(2,600cc、2,800cc、3,000cc)から構成され、当時のアメリカ市場ではトヨタブランドの最高級車として販売されていた。4代目を以てその歴史に幕を下ろすこととなったため、後継モデルとして誕生したアバロンにその座を譲ることとなった(ただし直接的な後継車ではない)。

初代にはセダン・ワゴンのほかに2ドアハードトップが設定され、3代目はセダン・ワゴンのほかに4ドアハードトップが設定された。

歴史[編集]

初代 RX/MX30系 1976-1980 セダン・ワゴン・ハードトップ[編集]

MX30クレシダ・セダン
MX30クレシダ・ハードトップ

この代のみ2ドアハードトップ(仕向地によってはクーペとも呼ばれた)が存在し、ヨーロッパなどに輸出されていたが、北米仕様には設定されておらずセダン・ワゴンのみ、カナダはセダンのみであった。北米、カナダ、オーストラリア等には4M型6気筒2,600ccエンジンが、その他の地域には18R型4気筒2,000ccエンジンが搭載されていた。

2代目 X60型 1981-1984 セダン・ワゴン[編集]

MX63クレシダ・セダン 北米仕様
MX62クレシダ・ワゴン 北米仕様

5M-E/5M-GE 2,800ccエンジンを搭載した。マークIIに存在したハードトップはクレシダでは一旦消滅し(3代目で4ドアハードトップとして復活)、セダンとワゴンのみのモデルとなった。

3代目 X70型 1985-1988 セダン・ワゴン・ハードトップ[編集]

3代目クレシダ
YX7#/RX7#/GX7#/MX7#/LX7#型
MX73クレシダ・セダン 北米仕様
Toyota-Cressida.JPG
MX73クレシダ・セダン オーストラリア仕様
1984-1988 Toyota Cressida (MX73) GLX-i sedan 01.jpg
1985 MX73クレシダ内装(北米仕様)
Cressida 85 INTERIOR.png
製造国 日本 トヨタ自動車 元町工場
販売期間 1985–1988
(一般諸国向け-1993年)
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアハードトップ
5ドアステーションワゴン
エンジン 2Y:1,800cc (YX70)
21R:2,000cc (RX70)
2L:2,400cc (LX70)
1GE:2,000cc (GX71)
1G-G:2,000cc (GX71)
5M-E:2,800cc (MX72)
5M-GE:2,800cc (MX73/MX72)
22R:2,400cc (RX72)
3Y:2,000cc (YX72)
7M-GE:3,000cc (MX75)
変速機 5速マニュアルトランスミッション
4速オートマチックトランスミッション
駆動方式 フロントエンジンリアドライブ : FR
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:セミトレーリングアーム式(セダン)/4リンク(ワゴン)
全長 4,775mm (1985–1986)
4,770mm (1987-1988)
全幅 1,689mm
全高 1,372mm (1985–1986)
1,374mm (1987-1988)
ホイールベース 2,654mm
車両重量 1,458kg
-自動車のスペック表-

ボディパネルについては、日本国内で売られていたマークIIセダンをベースとしクレスタのフロント周りのパネルを流用していた。

また、歴代のクレシダの中でもっとも販売台数が多いモデルでもある。

北米モデル、ヨーロッパモデルについてはセダン・ワゴンが存在し、中東およびガルフ諸国については、日本国内同様4ドアハードトップ・セダン・ワゴンが存在。またオーストラリア向けにはセダンモデルのみが存在した。

3タイプのボディのうち4ドアセダンは仕向け地にもよるが唯一サンルーフの設定が存在した。

北米ではセダン (MX73) は5速マニュアルトランスミッションもしくは4速オートマチックトランスミッションの設定から選択することが可能であり、ワゴン (MX72) は4速オートマチックトランスミッションのみの設定であった。

また1987年モデルにてワゴンは廃止され、セダンのみの設定となる。

北米向けなどでは1989年からX80系にバトンタッチするが、一般諸国向けに関してはセダンボディ・ワゴンボディ共に1993年まで生産が継続され、X70系の最終モデルには南アフリカ向けの設定としてスープラなどに搭載される7M-GEU型エンジンを搭載したモデルが存在する。

日本国内ではマークIIワゴン (GX70G) にクレスタ (GX71) の角型四灯式のフロントマスクを流用するといったカスタムが存在しているが、中東向けについては規格ヘッドライトの部品入手のしやすさから、このカスタムと同様の組み合わせをメーカーで設定し販売していた。

4代目 X80型 1989-1992 セダン[編集]

MX83クレシダ
後期型

7M-GE 3,000ccエンジンを搭載した。ワゴン・ハードトップが消滅し、セダンのみのモデルとなった。また、このモデルを最後に消滅。

販売台数[編集]

モデルイヤー 北米 販売台数
1977 2,526[3]
1978 12,484
1979 11,910
1980 11,627
1981 29,583
1982 37,448
1983 39,755
1984 34,456
1985 45,286
1986 42,180
1987 21,968
1988 14,035
1989 23,785
1990 12,710
1991 9,415
1992 3,528
1993 322
1994 5
1995 2
Total 318,596

脚注[編集]

  1. ^ 著者 山崎敏夫。経営のグローバル化の基本的特徴と意義(Ⅰ)―日本の製造業を中心として
  2. ^ トヨタ自動車75年史 資料で見る75年の歩み”. 2013年9月7日閲覧。
  3. ^ ToyotaReference.com”. 2013年1月28日閲覧。


関連事項[編集]