トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦(とよたあんどでんそーはいせかいいごおうざせん)は、世界五大陸の代表選手による囲碁の世界一を決める棋戦。2002年から2年ごとに開催。2008年(第4回)をもって休止。

出場選手[編集]

日本10、中国5、韓国5、台湾1、アジアアフリカオセアニア1、ヨーロッパ3、北米2、中南米1の各国・地域から選抜された選手、及び前回ベスト4の、計32人が出場。
(第1回のみ、推薦7、ヨーロッパ1、北米1)

ルール[編集]

日本ルールで実施される。持ち時間は一人3時間。コミは6目半。対戦はトーナメント方式で、決勝戦は第2期から3番勝負。

過去の優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  • 第1回(2003年)李昌鎬(韓国) - 常昊(中国)
  • 第2回(2005年)李世乭(韓国) 2-1 常昊(中国)
  • 第3回(2007年)李世乭(韓国) 2-1 張栩(日本)
  • 第4回(2009年)古力(中国) 2-0 朴文尭(中国)

外部リンク[編集]