トム・マストニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・マストニー
Tom Mastny
Tom Mastny at Spring Training 08.jpg
2008年3月22日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インドネシアの旗 インドネシア
東カリマンタン州ボンタン
生年月日 1981年2月4日(33歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 MLBドラフト11巡目
初出場 MLB / 2006年7月30日
NPB / 2009年4月15日
最終出場 MLB / 2008年9月25日
NPB / 2009年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・レイモンド・「トム」・マストニー英語: Thomas Raymond "Tom" Mastny, 1981年2月4日 - )は、インドネシア出身のプロ野球選手投手)。

インドネシア生まれとしては初のMLBNPB選手である。

経歴[編集]

両親がボルネオ島を旅行中に生まれた。その後はアメリカ合衆国インディアナ州ジオンズビル英語版で育った。

大学時代は「ミスター・ナスティ」の愛称で呼ばれ、先発投手としてプレーした。

2003年にはサザン・カンファレンス英語版の年間最優秀投手に選出された。

2003年MLBドラフトトロント・ブルージェイズから11巡目で指名され入団。傘下のマイナー球団オーバーン・ダブルデイズでプロとしてのキャリアを始めた。

2004年チャールトン・アレイ・キャッツでプレーした後、ジョン・マクドナルドとの交換トレードでクリーブランド・インディアンスへ移籍した。

2005年の開幕当初はHigh-Aキンストン・インディアンス英語版で先発ローテーションに入っていたが、シーズン途中にリリーフにコンバートされた。シーズン後半には2Aのアクロン・エアロズに昇格した。

2006年も引き続きエアロズで開幕を迎え、その後3Aのバッファロー・バイソンズへ昇格した。この年はシーズン途中にクローザーのボブ・ウィックマンが放出されたこと、中継ぎが不調だったことから、マストニーは初のメジャー昇格を果たすこととなった。7月25日にメジャーデビューを果たし、マイナーではそれまで主に中継ぎを務めていたこともあってキャリアでわずか3セーブしか記録していなかったが、8月19日タンパベイ・デビルレイズ戦ではメジャー初セーブを記録した。

2007年ボストン・レッドソックスとのリーグ優勝決定戦では第2戦の10回裏に登板。同点という場面でデビッド・オルティーズマニー・ラミレスマイク・ローウェルの中軸を3者凡退に打ち取り、11回表にインディアンスが勝ち越したことにより、マストニーにポストシーズン初勝利が記録された。

2008年は春季キャンプでホルヘ・フリオとロースター枠最後の1枠を争ったが、争いに敗れたことにより開幕は3Aで迎えることとなった。しかし、4月15日ジョー・ボロウスキーが故障者リストに入ったことにより昇格。6月3日テキサス・レンジャーズ戦ではメジャー初先発を果たした。

オフにインディアンスがマストニーの保有権をNPBの横浜ベイスターズに売却し、マストニーがベイスターズと1年契約(オプション1年付き)を結んだことが明らかになった[1]。2008年12月17日にはベイスターズがマストニーの獲得を正式に発表した[2]

2009年は先発、中継ぎの両方で起用されたが、制球がいい投手という前評判とは違い、四死球が非常に多く制球難に苦しんだ。4月30日に阪神甲子園球場で行われた阪神戦では、6 1/3回無失点と好投したが、チームは2点リードの9回裏2死無走者から逆転サヨナラ負けを喫した。それから約2ヵ月後の6月28日、同じく阪神甲子園球場で行われた阪神戦でも、6 0/3回無失点と好投したが、またしてもチームは2点リードの9回裏に逆転サヨナラ負けを喫した。結果を残せず1年で解雇。

2010年は、独立リーグであるアトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツでプレーした。

プレースタイル・人物[編集]

140km/h中盤のストレートスライダーを軸に、カーブチェンジアップを投げ分ける。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 CLE 15 0 0 0 0 0 1 5 0 .000 73 16.1 17 1 8 1 1 14 0 0 10 10 5.51 1.53
2007 51 0 0 0 0 7 2 0 7 .778 262 57.2 63 6 32 9 2 52 5 0 30 30 4.68 1.65
2008 14 1 0 0 0 2 2 0 0 .500 100 20.0 28 6 11 2 0 19 0 0 24 24 10.80 1.95
2009 横浜 15 12 0 0 0 1 5 0 0 .167 296 61.2 79 8 25 0 11 43 6 0 45 39 5.70 1.69
MLB:3年 80 1 0 0 0 9 5 5 7 .643 435 94.0 108 13 51 12 3 85 5 0 64 64 6.13 1.69
NPB:1年 15 12 0 0 0 1 5 0 0 .167 296 61.2 79 8 25 0 11 43 6 0 45 39 5.70 1.69
  • 2010年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 40 (2006年 - 2008年)
  • 42 (2009年)

脚注[編集]

  1. ^ Mastny leaves Tribe for Japanese club Reliever requested move; deal includes 2010 option”. indians.com. 2008年12月26日閲覧。
  2. ^ 新外国人選手獲得 トム・マストニー選手”. 横浜ベイスターズ公式サイト. 2008年12月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]