小谷承靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トム・コタニから転送)
移動: 案内検索
こたに つぐのぶ
小谷 承靖
別名義 トム・コタニ
生年月日 1935年12月21日(78歳)
出生地 東京府東京市杉並区
東京都杉並区)
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督演出家
活動期間 1960年 -

小谷 承靖 (こたに つぐのぶ、1935年12月21日 - ) は、日本の映画監督演出家脚本家東京府東京市杉並区出身。東京大学文学部卒業。

来歴・人物[編集]

小学校2年生まで東京で育つ。1944年3月末、父の故郷、鳥取県東伯郡西郷村に縁故疎開。県立倉吉東高校卒業まで鳥取で過ごし、東京大学文学部フランス文学科入学を機に東京に帰る。同時期に大江健三郎久世光彦が在学していた。

大学卒業後、1960年に、暮らしの手帳社と東宝の入社試験を受け、東宝に入社。同期では7人が撮影所入りし、監督になったのは河崎義祐橋本幸治、小谷の3人だった。(1961年稲垣浩監督・円谷英二特技監督の『ゲンと不動明王』で初めて助監督に就く。

1964年には東宝のヨーロッパロケ企画の準備の為に渡欧し、『はなればなれに』撮影中のジャン=リュック・ゴダールの演出を見学。同年のカンヌ映画祭では藤本眞澄浜美枝とゴダールとの通訳を務め、東京オリンピック開催を機に帰国。

1967年坂野義光西村潔らと水中撮影班「東宝フロッグメンパーティ」を結成し、『南太平洋の若大将』の水中撮影に協力。同年、『ドリフターズですよ!前進前進また前進』でチーフ助監督に昇進し、翌年、『クレージーメキシコ大作戦』(坪島孝監督)では劇中のショー場面の演出を担当した。その後、1968年から1969年にかけて、恩地日出夫と共に、大阪万博電力館で上映されたマルチスクリーン映画『太陽の狩人』の助監督、B班監督として世界を巡る。

1970年、映画『俺の空だぜ!若大将』で監督デビュー。主演の加山雄三とはザ・ビートルズ来日時、一緒に赤坂ヒルトンで会うなど親交があり、この作品の前にも加山のコンサートの記録映画『歌う!若大将』で監督昇進の話もあったが、「本編じゃないんだろ?そんなもので監督になるな」という恩地のアドヴァイスで見送っている。また、この年から団令子主演の連続テレビドラマ『Oh.カンパク君!』(関西テレビ)でテレビドラマの監督も務めた。

1973年ランキン・バス・プロ東宝映像の合作ミュージカル映画で、ゼロ・モステル主演『Marco』の共同監督をセイモア・ロビーと共に務める。同年には、石原プロモーション製作、渡哲也主演によるバイオレンス・アクション映画『ゴキブリ刑事』に東宝から監督として参加。

日本国外での仕事はトム・コタニでクレジットされ、他には『極底探険船ポーラーボーラ』、『バミューダの謎 魔の三角水域に棲む巨大モンスター!』、『The Ivory Ape』(未公開、1980年アメリカでテレビ放映)、千葉真一丹波哲郎三船敏郎や英米俳優が出演し、幕末をテーマにした作品『武士道ブレード』(1981年)などがある。

1974年フォーリーブス主演の『急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS』を監督。小谷にとってはじめてのアイドル映画となったが、フォーリーブス唯一の劇映画である。『ピンク・レディーの活動大写真』ではピンク・レディー、『愛の嵐の中で』で桜田淳子、『ホワイト・ラブ WHITE LOVE』で山口百恵三浦友和、『すっかり…その気で!』でビートたけし、『潮騒』で堀ちえみ、それぞれの主演作品を手がける。 また1975年には、東宝による一般公募で「最も映画化して欲しい外国文学」に選ばれたツルゲーネフ原作『はつ恋』の映画化作品を監督。現在でも根強い人気のある文芸映画となった。

1985年にフリーランスとなり、テレビ映画ビデオムービーなどのジャンルで活動。2009年より、青春期を過ごした鳥取県を舞台とした谷口ジロー劇画父の暦』映画化を企画。2011年11月13日には同作品を朗読劇化、自らの演出で鳥取市民会館大ホールで上演された。

作品[編集]

監督[編集]

公開年 作品名 製作
1970年 俺の空だぜ!若大将 東京映画
1971年 夕日くん サラリーマン脱出作戦 東宝
1973年 ゴキブリ刑事 石原プロ
夕日くん サラリーマン仁義 東宝
ザ・ゴキブリ 石原プロ
Marco(共同監督) ランキン・バス・プロ / 東宝映像
1974年 急げ!若者 TOMORROW NEVER WAITS 東宝・ジャニーズ事務所
1975年 がんばれ!若大将 東宝
はつ恋 東宝
1976年 激走!若大将 東宝
1977年 極底探険船ポーラーボーラ ランキン・バス・プロ / 円谷プロ
1978年 愛の嵐の中で 東京映画・サンミュージック
バミューダの謎/魔の三角水域に棲む巨大モンスター! ランキン・バス / 円谷プロ
ピンク・レディーの活動大写真 T&Cミュージック
1979年 ホワイト・ラブ ホリ企画制作
1980年 The Ivory Ape ランキン・バス・プロ / 円谷プロ
1981年 帰ってきた若大将 東宝・加山プロ
武士道ブレード ランキン・バス・プロ / トライデント
すっかり…その気で! 田中プロ
1982年 コールガール 松竹
1984年 F2グランプリ 東宝
1985年 潮騒 ホリ企画制作

TV[編集]

公開年 作品名 製作
1973~1974年 クレクレタコラ 東宝企画
1984~1986年 私鉄沿線97分署 テレビ朝日/国際放映
1987年 ジャングル 日本テレビ/東宝
1988年 NEWジャングル 日本テレビ/東宝
1992年 ミステリー体験ゾーン 本当にあった怖い話「幽霊刑事」[1] インタープレナー/大映テレビ/ホリプロ/テレビ朝日

脚本・その他[編集]

公開年 作品名 担当 監督 配給
1973年 ザ・ゴキブリ 脚本 小谷承靖 東宝
2005年 成瀬巳喜男 記憶の現場 出演 石田朝也 アルボス

脚注[編集]

  1. ^ 『呪死霊 外伝』というタイトルでビデオ発売

出典[編集]

関連項目[編集]