トムとジェリー ヒゲヒゲだいせんそう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トムとジェリー ヒゲヒゲだいせんそう
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 2(PS2)
発売元 サクセス
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2004年1月29日
対象年齢 CERO:全年齢
テンプレートを表示

トムとジェリー ヒゲヒゲだいせんそうは(英題:Tom and Jerry: War of the Whiskers)サクセスから2004年に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。国内未発売のNINTENDO64版(Tom and Jerry in Fists of Furry)の続編であるが、原作映画の捉え方の違いによるものなのか、アメリカではレーティングが「T」となっている(N64版は全年齢対象)。なお、開発国であるアメリカではGC版、Xbox 360版も発売されている。

作品の特徴[編集]

N64版同様3Dマップでトムとジェリーの登場キャラクターを操作しながらバトルをする。プレイヤーはステージ上に出現する椅子などを投げて他プレイヤーを攻撃する。ゲームシステムやステージのグラフィック、ゲージ制の体力など、N64版を引き継ぐ要素も多い。キャラクターが直接攻撃を加えた際のふっとびはN64版よりも大きく、暴力表現も向上している。キャラクターはウィリアム・ハンナジョセフ・バーベラ編に登場したものが多数を占めるが、一部ロボット猫などチャック・ジョーンズ編に登場したものも居る。ステージは「氷あそび」など原作の舞台を模したものもある。なお、スパイクは本作では正式名称ではなく「ブルさん」という表記がなされている。 ステージのギミックも前作より手強くなり、ステージ全体に変化を与えるものも多数存在し、曲も全般的に激しめになった。

キャラクター[編集]

N64版から引き続き登場のキャラ[編集]

トム
ジェリー
スパイク
タイク
ニブルス
ブッチ
アヒルの子

新規参戦キャラ[編集]

ワシ
可愛い花嫁さん」からの登場
ライオン
逃げて来たライオン」からの登場
スタミナジェリー
ロボット猫

外部リンク[編集]