トミー・ユン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
토미 윤
生誕 不明
韓国の旗 韓国ソウル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 漫画家キャラクターデザイナークリエイティブ・ディレクターゲームデザイナー
活動期間 1992年から現役
ジャンル 擬人観アクションSF
代表作 Speed Racer:Born to Race
Racer X 』、『ロボテック・シリーズ
公式サイト http://www.tommyyune.com/
テンプレートを表示

トミー・ユン(: Tommy Yune朝鮮語: 토미 윤 /ハングル表記 、愛称「ユーニー」/ " Yoonie ")[1] )は、韓国人漫画家である。アメリカ合衆国在住。

人物[編集]

トランスフォーマー科学忍者隊ガッチャマン」(Battle of the Planets)、ロボテックなどの古典的なテレビアニメ・シリーズを始めとするアニメーション産業のリメイク版の潮流に続いた『スピード・レーサー・シリーズ(Speed Racer)』(マッハGoGoGo)の漫画化である『スピード・レーサー:天性のレーサー』(Speed Racer:Born to Race)(直訳:「競走の為に生まれてきた」)への日本漫画流儀の英語漫画(OELマンガ)描画作業によって知られるようになった。

テレビゲームに於けるクレジットタイトルは、キャラクターデザイナーとしての「FX ファイター」、「ロボテック:バトルクライ」(Robotech: Battlecry)。[脚注 1]、および受賞を受けたジャーニーマン(熟練職人)・プロジェクト/The Journeyman Projectシリーズを含んでいる。

初の漫画作品は、1992年の擬人観カルトシリーズ『バスター・ザ・アメージング・ベアーズ』(Buster the Amazing Bear(直訳:「やんちゃな不思議な熊たち」)を処女作として、何年かの後にテレビゲーム・デザイナーとして「ワイルドストーム・プロダクション」(Wildstorm Productionsで主宰者のジム・リーJim Lee)に参加した。

1999年に『スピード・レーサー(Speed Racer)』(邦題:『マッハGoGoGo』)を描いて、イラストを図説した後に、2000年には日本漫画流儀の英語漫画(OELマンガ)のミニシリーズ、「覆面レーサーX」(Racer X 、更に2001年には「あられもない脚線美のセクシーギャルが跳ね回るような」お色気スパイ・アクション・ガール漫画 「デンジャー・ガール:カミカゼ」( Danger Girl: KamikazeKamikaze)、日本語の対訳語彙による変換は「危ない少女:神風旋風」)を仕上げた。

原典の「スピードレーサー」もまた、2000年に再出版された際、グラフィック・ノベルとして「天性のレーサー」(Born to Race、直訳「レース/競走のために生まれてきた)と副題を与えられて出版された。

長編アニメーションにおける処女作は、ケビン・アルティエリ(Kevin Altieri)Gen13(正確な表記は上付き数字の『Gen¹³』)のコンピュータグラフィックス(CG)オープニング動画を作成したことであった。

2001年にワイルドストーム・プロダクション(Wildstorm Productionsを退社。)[2]し、ハーモニーゴールド USAHarmony Gold USA)社の『ロボテック・シリーズの再展開(再起動)』プロジェクトに伴い、同社のクリエイティブ・ディレクターの役職に就任した。

兄の「スティーブ・ユン」(Steve Yun)(彼の兄弟である『ロボテック公式ウェブページ』のウェブマスター)に参加した。

ロボテック・シリーズの物語(サーガ)の後方支援スタッフの1人であり、同時に『ロボテック:シャドウ・クロニクル』(影の年代記)の映画監督でもある。 。[3]

アニメエキスポ 2007 「パイ投げ」事件[編集]

カリフォルニア州ロングビーチに於いて 2007年開催された「アニメ・エキスポ 2007」の開催4日目である7月2日に、「ミスター・シラー」という名前を持ち、かねてよりロボテック公式ウェブサイト(Robotech.com)のフォーラムに、「キーロン・プライム」(Khyron‐Prime)というユーザー名[脚注 2]というユーザー名で出入りしていた、この複数の名前を持つ不満鬱憤を抱えた、或る男性のコアなロボテックファンは、ホイップクリームを大量に盛ったアルミ箔製のパイ皿(プレート)をパイ投げし、遠距離にも関わらず、意図した通りトミーの顔に命中した。

シラーの意図した主攻撃対象は、ハーモニーゴールド USAの従業員とロボテック公式ウェブサイト(Robotech.com)のウェブマスターであるスティーブ・ユン(Steve Yun)で、トミーは二次的な攻撃目標であった。

パイ投げの後に、ユンによって皮肉と受け取られる彼ら兄弟両名の写真撮影の為に、カメラ目線でポーズをとる前に、ユンはパイ皿を拾って、シラーに「お返し」をした。

この事件の後、シラーはアニメ・エキスポから永久追放された。[4]

映像作品目録[編集]

テレビゲーム作品 (未発売除く)[編集]

著書目録[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b " Battlecry "とは鬨の声(ときのこえ)の意味。古代の合戦で、士気を鼓舞し、敵に対して戦闘の開始を告げるために発する叫び声。また、戦勝の喜びの表現としても発した。転じて単に『戦闘開始』という意味でも使われる。
  2. ^ ロボテックの「キーロン(Khyron)」(日本版の「カムジン・クラヴシェラ」と「ゾア・プライム(Zor Prime)」《日本版の「サイフリート・ヴァイス」からそれぞれ「」と「」(ファミリーネーム)を抜きだし、合成したもの 

参照元[編集]

  1. ^ ロボテック公式ウェブサイト「ユーニー」としても知られる。(Robotech.com profile " Also known as: Yoonie ")
  2. ^ ロボテックシリーズの再起動の為にワイルドストーム社を去った - アニメニューズネットワーク(ANN)より(Tommy Yune Leaves Wildstorm for Robtech - Anime News Network)
  3. ^ ハーモニーゴールドUSA社のエンターテインメントカタログ(Harmony Gold Entertainment Catalog)
  4. ^ Robotech's Tommy Yune Pied(ロボテックのトミー・ユン、クリームパイを投げられる)”. アニメニューズネットワーク (2007年7月5日). 2013年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]