トミー・フラナガン (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・フラナガン
(Tommy Flanagan)
ウォルト・ディズニー・ワールドのヴィレッジ・ジャズ・ラウンジに佇むフラナガン}
ウォルト・ディズニー・ワールドのヴィレッジ・ジャズ・ラウンジに佇むフラナガン
基本情報
出生名 トマス・リー・フラナガン
(Thomas Lee Flanagan)
出生 1930年3月16日
出身地 アメリカ合衆国の旗 ミシガン州 デトロイト
死没 2001年11月16日(71歳)
ジャンル バップ
ハード・バップ
メインストリーム・ジャズ
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
共同作業者 エラ・フィッツジェラルド
ジョン・コルトレーン
ケニー・ドーハム

{{{Influences}}}

トミー・フラナガンTommy Flanagan)ことトマス・リー・フラナガン(Thomas Lee Flanagan, 1930年3月16日2001年11月16日 ニューヨーク・シティ)はアメリカ合衆国ジャズピアニスト。とりわけエラ・フィッツジェラルドの伴奏者として名高い[1]。例えばジョン・コルトレーンの『ジャイアント・ステップス[1]1959年)やソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス[1]1956年)、アート・ペッパーの『ストレート・ライフ』やウェス・モンゴメリーのアルバムなど、批評家に評価の高い録音の数々で演奏を披露した。生涯に4度グラミー賞にノミネートされている。

広範囲に活動し、たびたび来日した。また、フラナガンの名は、村上春樹の短編小説『偶然の旅人英語: Chance Traveler)』の中で言及されており、村上がフラナガンの演奏に接した経験について論じられている[2]

略歴[編集]

デトロイト[1]の音楽家の家庭に生まれる。父はギタリスト、母はピアニストであった。5歳でクラリネット、11歳でピアノを始める。1945年に15歳でプロ・デビューを果たす。後にデクスター・ゴードンミルト・ジャクソンのグループに参加した。

ベース奏者のウィルバー・リトルやドラマーのエルヴィン・ジョーンズとともにトミー・フラナガン・トリオを結成し、1957年にアルバム『オーバーシーズ(Tommy Flanagan Trio Overseas)』を発表する。

1960年代初頭は、コールマン・ホーキンスのカルテットで活動した。1963年から1965年まで、次いで1968年から1978年までは、伴奏者としてエラ・フィッツジェラルドと共演した。1975年の始めに、再びバンドリーダーとして演奏や録音に取り組むようになった。他の演奏家とも活動を続けたが、とりわけ企画のために、タル・ファーロウレッド・ミッチェルとトリオを組んでいる。1978年にはレジー・ワークマンジョー・チェンバースと「スーパー・ジャズ・トリオ」を結成した。

1998年以降は体調を崩し、ついに2001年11月16日午後6時(現地時間)、ニューヨーク市マンハッタン区マウントサイナイ病院において、動脈瘤による合併症のため[1]永眠した。71歳であった。

音楽様式[編集]

フラナガンの表現様式は、中庸を得たものであり、またすこぶる音楽的であった。ジャズに関連する最も重要な特徴の多く(スウィング、洗錬された和声旋律の創意、ブルージーな感覚や雰囲気)を具現化している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Tommy Flanagan, Elegant Jazz Pianist, Is Dead at 71 NYTimes.com, By Ben Ratliff
  2. ^ 同短編小説で語られている「経験」は、村上のエッセイ集『やがて哀しき外国語』でも触れられている(文庫版 117頁)。「偶然の旅人」は短編集『東京奇譚集』(2005年9月、新潮社)で読むことができる。英訳の「Chance Traveler」は『Harper's』2005年7月号に掲載された。

外部リンク[編集]