トミー・コグビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トミー・コグビル(Tommy Cogbill、Thomas Clark Cogbill、1932年4月8日 - 1982年12月7日)はアメリカ合衆国ベーシストギタリスト兼レコード・プロデューサー。テネシー州に生まれ、1960年代と1970年代にかけて最も多くの古典的なR&Bレコーディングに関わったミュージシャン。

セッション・ベーシストとして、ソウル、R&Bを中心に幅広いジャンルのレコーディングで活躍した。主にマッスル・ショールズ、メンフィス、ナッシュヴィルのメイン・ベーシストだった。ファンキー・ブロードウェイや、メンフィス・ソウル・ステュー等、コグビルがクリエイトしたベース・ラインのマスター・ピースは多数存在するが、クレジットが無かったり、ライブよりもレコーディングが多忙だったため、人に知られる機会が少なかった。

チャック・レイニージェリー・ジェモット等はコグビルのトラとして彼らのキャリアをスタートさせている。エレクトリック・ベース界の巨人、ジャコ・パストリアスにも多大な影響を与えた。ジェリー・ウェクスラーやトム・ダウドと並ぶ名プロデューサー兼プレイヤーである。

コグビルは1960年代後期にメンフィス・アメリカン・サウンド・スタジオのプロデューサーを担当し、スタジオのハウス・リズム・セクション『メンフィス・ボーイズ』でベースを弾いた。トミー・コグビルのベースラインとリズムは以下のアーティストのオリジナルヒットレコーディングのベースを担うものとして認定されている。ダスティ・スプリングフィールドエルヴィス・プレスリーアレサ・フランクリンクリス・クリストファーソンJ・J・ケイルウィルソン・ピケットチャック・ベリー, ドリー・パートン, ボブ・シーガー、ニール・ダイアモンドなどのレコーディングに参加。

ディスコグラフィー[編集]