トマス・フラナガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トマス・フラナガン(Thomas Flanagan, 1923年11月5日 - 2002年3月21日)は、アメリカ合衆国の英語文学研究者、なかでもアイルランド文学の専門家で、小説家。1923年、コネチカット州グリニッジに生まれ、1945年、アマースト大学を卒業した。コロンビア大学で1949年に文学修士号を、1958年に博士号を取得した。そして、カリフォルニア大学バークレー校の終身在職教員として、引退するまで勤めた。2002年、カリフォルニア州バークレーで亡くなった。

フラナガンは、小説家としても、1979年に全米批評家協会賞を受賞するなど成功をおさめた。主に、歴史小説や推理小説を書いている。以下のものが、刊行されている。

  • The Year of the French (1979年)
  • The Tenants of Time (1988年)
  • The End of the Hunt (1995年)

フラナガンは、日本では推理小説作家として知られている。それは、日本で独自に編まれ発行されたフラナガンの推理小説短編集、『アデスタを吹く冷たい風』の巻末、解説[1]で、「トマス・フラナガンは、1923年に生れた。彼についてわかっているのは、これだけである」とあることからも分かる。フラナガンは、1949年にデビュー作の「玉を懐いて罪あり」で『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』(EQMM) の第4回年次コンテスト最高処女作特賞(最優秀新人賞)を、1952年に、テナント少佐シリーズの第1作「アデスタを吹く冷たい風」で同じくEQMM の第7回年次コンテスト第一席を得ている。1949年から1958年まで、10年で7編の推理小説の短篇を全てEQMM にて発表した。

テナント少佐は、フラナガンの唯一の連作推理小説の主人公の探偵役で、地中海沿岸の軍事独裁政権下にある「共和国」の、職業軍人の憲兵隊長である。そして、共和国内の様々な事件(殺人事件に限らない)を解決していく。日本では、このテナント少佐の登場する四篇と「アデスタを吹く冷たい風」(「北イタリア物語」とも)はフラナガンの代表作とみなされている。以下が7編のリストであるが、発表順で、日本語題、原題の順に示す。このうちテナント少佐ものには★を付している。テナント少佐もの以外は、それぞれつながりのない読切である。

  • 玉を懐いて罪あり[2] The Fine Italian Hand(1949年)
  • アデスタを吹く冷たい風 The Cold Wind of Adesta(1952年)★
  • 良心の問題 The Point of Honor(1952年)★
  • 獅子のたてがみ The Lion's Mane(1953年)★
  • うまくいつたようだわね This Will Do Nicely(1955年)
  • 国のしきたり The Customs of The Country(1956年)★
  • もし君が陪審員なら Suppose You Were on the Jury(1958年)

以上は、宇野利泰訳『アデスタを吹く冷たい風』〈ハヤカワ・ミステリ〉646、早川書房、1961年 ISBN 4-15-000646-6[3]に全て収録されている。この短編集は、日本語訳で読めるフラナガンの唯一の著作集であり、「ハヤカワ・ミステリ」のキャンペーンでの「復刊希望アンケート」で、1998年、2003年と、連続で一番多く票を集めたことでも知られる。

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「(s)」という署名がある。
  2. ^ これは『アデスタを吹く冷たい風』の中での題名であり、別のアンソロジー、H・S・サンテッスン編『密室殺人傑作選』〈ハヤカワ・ミステリ〉1161、早川書房、2000年 ISBN 978-4150011611、〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉277-1、早川書房、2003年 ISBN 978-4151740015 では、「北イタリア物語」の日本語題がついている。
  3. ^ この本について推理小説家の有栖川有栖は、「フラナガンのたった一冊の著書(全集と呼んでもいいか)」と説いている。有栖川 (2003)p.122

参考文献[編集]

  • 有栖川有栖文、磯田和一画『有栖川有栖の密室大図鑑』〈新潮文庫〉7079、新潮社、2003年 ISBN 4-10-120432-2 - 有栖川が選んだ古今東西の密室殺人ものの推理小説作品を紹介するガイド本。フラナガンからは、「北イタリア物語」が紹介された。