トマス・ディーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トマス・ディーズ(Thomas Diez, 1970年 - )は、ドイツ政治学者エバーハルト・カール大学テュービンゲン教授。専門は、国際関係理論、ヨーロッパ統合論。

マンハイム大学博士号取得。コペンハーゲン平和研究所研究員、バーミンガム大学講師・教授を経て、2009年から現職。

著作[編集]

  • The European Union and the Cyprus conflict: modern conflict, postmodern union, edited by Thomas Diez, Manchester University Press, 2002.
  • European integration theory, Antje Wiener and Thomas Diez, Oxford University Press, 2004, 2nd ed., 2009.
  • Introduction to international relations: perspectives and themes, Jill Steans, Lloyd Pettiford, with Thomas Diez, 2nd ed., Pearson/Prentice Hall, 2005.
  • The European Union and border conflicts: the power of integration and association, edited by Thomas Diez, Mathias Albert and Stephan Stetter, Cambridge University Press, 2008.

外部リンク[編集]