トマス・サウスウッド・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トマス・サウスウッド・スミス (Thomas Southwood Smith、1788年12月21日-1861年12月10日)イギリスの医師、公衆衛生の改革者。サマセットシャー州マルトック生まれ。

エディンバラの医学生時代に、ユニテリアン教会に入会。1816年にM.D.を取得し、ヨービルにて開業。教会の聖職者にもなったが、1820年医学に身を捧げるためにロンドンへと出奔。

1824年、彼はロンドン熱病患者収容病院(en:London Fever Hospital)に医師として指名され、1830年には、熱病論を出版した。これはすぐに、その道の権威に認められることとなった。この本でスミスは、貧困層の貧困化と伝染性の熱病に、直接の関連があることを示した。彼は、伝染性の熱病と公共の衛生について しばしば意見を求められた。隔離(1845年)、コレラ(1850年)、黄熱病(1852年)、そして公衆衛生の改善(1854年)についての報告は、世界的に重要である。彼はフィレンツェで最期を遂げ、フィレンツェのイギリス人墓地(en:English Cemetery, Florence)に埋葬されている。彼の墓石はジョエル・タナー・ハートにより刻まれた。

彼の孫には、ミランダとオクタヴィア・ヒルがいる。

スミスはユニテリアンに傾倒しており、ジェレミ・ベンサムと親交が深かった。彼は、信仰を医学研究の分野に適応した。1827年、彼は、医師により解剖されない現在の埋葬方式は、死体の無駄遣いであると論じた死体の利用を出版した。

1832年6月9日、スミスは国民に論議を巻き起こすベンサムの解剖を、ロンドンのウェブストリート解剖学校にて、実施した。解剖に先立ち、スミスは宣言した。

「もしも、死体の利用が人々の幸せにつながるのなら、私の死体の利用に感じる、この揺ぎ無く力強いためらいを乗り越えることが、私の責務である」

スミスの議案通過運動は、国が受取人のいない遺体を強奪して、医学校に売りつけることを許可する、1832年の解剖法令にて開花した。この法令は墓泥棒に終止符を打ち、一方、貧困層への差別であるとして、非難もされた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • Cook GC. Thomas Southwood Smith FRCP (1788–1861): leading exponent of diseases of poverty, and pioneer of sanitary reform in the mid-nineteenth century. J. Med. Biog. (2002) 10(4): 194–205