トマス・エイキンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマス・エイキンズ
『自画像』(1904)
生誕 1844年7月25日
フィラデルフィア
死没 1916年6月25日(71歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

トマス・エイキンズ(Thomas Eakins, 1844年7月25日 - 1916年6月25日)はアメリカの画家・写真家・彫刻家である。実写主義の画家であり、アメリカ近代美術の父と言われることもある。

生涯[編集]

フィラデルフィア出身。父親はカリグラフィーの教師で、父親の仕事ぶりを見て育つ。[1]ペンシルベニア美術アカデミーで学び、1864年から65年までジェファーソン・メディカル・カレッジで解剖学を学ぶ。当初は父と同じ職に就くことを考えていたが、科学分野に対する興味から次第に医者になることを考えるようになる。[2]1866年から70年まではパリに渡ってジャン=レオン・ジェロームに師事する。[3]

フィラデルフィアに戻り1878年から母校のペンシルベニア美術アカデミーの教師となるが、彼の考え方は急進的だとされてしばしば攻撃の的となった。美術の授業にヌードモデルを使うべきだと主張、ついに1886年には女生徒に男性ヌードを描かせたとして解雇されてしまう。

リアリズムへの飽くなき追求から、彼は解剖学も学んでいる。1875年には代表作といわれる『グロス・クリニック』を描くが、解剖のシーンを扱っていたため、議論の的となった。

作品[編集]

『考える人』(1900)メトロポリタン美術館
Turning the Stake Boat

参照[編集]

  1. ^ Amy B. Werbel, Thomas Eakins, Philadelphia Museum of Art, 2001, ISBN 0-87633-142-8, p. 5
  2. ^ Canaday, John: "Thomas Eakins; Familiar truths in clear and beautiful language", Horizon, page 96. Volume VI, number 4, Autumn, 1964.
  3. ^ H. Barbara Weinberg, Thomas Eakins, Philadelphia Museum of Art, 2001, ISBN 0-87633-142-8, p. 15