トマス・ウォートン (初代ウォートン侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代ウォートン侯トマス・ウォートン

初代ウォートン侯トマス・ウォートン(Thomas Wharton, 1st Marquess of Wharton, PC, 1648年8月 - 1715年4月12日)は、イギリスの貴族・政治家。第4代ウォートン男爵フィリップ・ウォートンと2番目の妻ジェーン・グッドウィンの息子。

1673年バッキンガムシャーから下院議員に選出、ホイッグ党に属してイングランドチャールズ2世の政権を批判して王位排除法案に賛成、続くジェームズ2世カトリック重視の姿勢も非難、1688年名誉革命が起こるとジェームズ2世から離反してエクセターオランダ軍に投降した。

1689年に即位したウィリアム3世メアリー2世夫妻に忠誠を誓い王室会計監査官に任命され、1694年にホイッグ党政権が発足するとジャントーと呼ばれるグループの一員として政権に加わり、1696年に死去した父の爵位を継いで第5代ウォートン男爵になって上院に移ったが、1702年にウィリアム3世が亡くなりアンが即位すると王室会計監査官を罷免、オックスフォードシャーバッキンガムシャー統監及びウェストモーランドとバッキンガムシャーの治安判事も解任され政権から遠ざけられた[1]

解任後は下野してトーリー党と政争を繰り広げ、1705年から政権がホイッグ党に歩み寄ると政権擁護に回りトーリー党を演説で非難、翌1706年にイングランドとスコットランドの合同交渉に加わり伯爵に叙され、1708年に再びホイッグ党政権が立ち上がるとアイルランド総督に任命された。しかし、1710年にトーリー党が与党になると辞任して再度下野、1714年にアンが死去してジョージ1世が即位すると王璽尚書に選ばれ、翌1715年に侯爵に昇格、アイルランド貴族としてキャザーラフ侯爵にも叙されたが同年に死去、息子のフィリップ・ウォートンが爵位を継いだ[2]

ジェームズ2世の治世ではカトリックへの批判を詩に込めて1686年に「リリバレロ」という詩を作りカトリックを風刺した。この詩は音楽家ヘンリー・パーセルが作曲を手がけ、名誉革命でオランダ軍支持者の間で広まり一般にも流行、現在のイギリスでも使用されている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『イギリス革命史』P72、P200、P230、『スペイン継承戦争』P52 - P53。
  2. ^ 『スペイン継承戦争』P146 - P153、P188、P246、P288、P387 - P390。
  3. ^ 『イギリス革命史』P45、『英米史辞典』P420。

参考文献[編集]

司法職
先代:
アビンドン伯
巡回裁判官
南トレント

1697年 - 1702年
次代:
空位
先代:
空位
巡回裁判官
南トレント

1697年 - 1702年
次代:
アビンドン伯
名誉職
先代:
アビンドン伯
オックスフォードシャー統監
1697年 - 1702年
次代:
アビンドン伯
先代:
ジェフリーズ男爵
バッキンガムシャー治安判事
1689年 - 1702年
次代:
ニューヘイブン子爵
先代:
ブリッジウォーター伯
バッキンガムシャー統監
1702年
先代:
ロンズデール子爵
ウェストモーランド治安判事
1700年 - 1702年
次代:
サネット伯
先代:
サネット伯
ウェストモーランド治安判事
1706年 - 1714年
次代:
サネット伯
先代:
サネット伯
ウェストモーランド治安判事
1714年 - 1715年
次代:
ロンズデール子爵
公職
先代:
ペンブルック伯
アイルランド総督
1708年 - 1710年
次代:
オーモンド公
先代:
ダートマス伯
王璽尚書
1714年 - 1715年
次代:
サンダーランド伯
グレートブリテンの爵位
先代:
新設
ウォートン侯およびマームズベリー侯
1715年
次代:
フィリップ・ウォートン
アイルランドの爵位
先代:
新設
キャザーラフ侯
1715年
次代:
フィリップ・ウォートン
イングランドの爵位
先代:
新設
ウォートン伯
1706年 - 1715年
次代:
フィリップ・ウォートン
先代:
フィリップ・ウォートン
ウォートン男爵
1696年 - 1715年