トマス・ウィリアムズ (医師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サートマス・ウィリアムズ(Sir Thomas Williams, 1st Baronet、1621年ころ - 1712年)は、イングランド医師政治家で、1675年から1679年までイングランド庶民院の議員を務めた。ウィリアムズは、チャールズ2世の侍医(Chymical Physician:薬を処方する内科医の意)であった。

ウィリアムズは、ウェールズブレコンシャー州(Breconshire:現在のポーイス南部)タリスリン (Talyllyn) 出身だった同名の父トマス・ウィリアムズと、その妻でイングランド西部ヘレフォードシャー州ポストン (Poston) のジョン・ペア (John Pare) の娘メアリ・ペア (Mary Pare) の間に生まれた[1]ケント州で医師の修行をした後、1660年2月11日ロンドン王立医学校 (Royal College of Physicians) にから特別開業有資格者 (Extra Licentiate) と認められた。1669年3月5日には、ケンブリッジ大学からM.D.(医学博士)を授与された[2]。ウィリアムズは、1670年6月19日にチャールズ2世の侍医となり、1674年11月12日にエルサム (Eltham)[3]準男爵に叙されて、いわゆる騎士議会 (Cavalier Parliament) 中間選挙で Weobley から選出されて議員となり、1678年までその地位にあった[1]

ウィリアムズはおよそ90歳まで生き、1712年9月12日にブレコンシャー州グラスベリ (Glasbury) で埋葬された[1]

ウィリアムズは、1653年より前の段階で、ケント州イーラムの弁護士ジョン・ホグビーン (John Hogbeane) の娘アン・ホグビーン (Anne Hogbeane) と最初の結婚をしていた。アンは、1664年2月18日にイーラムで埋葬された。ウィリアムズは次に、ヘレフォードシャー州マドリー (Madley) の寡婦で、同州のトマス・ルイス (Thomas Lewis) の娘グレイス・カーワーディン (Grace Carwardine) と再婚した[1]

出典・脚注[編集]