トポス (詩学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トポス(topos)は、詩学において特定の連想ないし情念を喚起する機能をもつテーマや概念、定型的表現をいう。ギリシア語で場所を意味する topos に由来する修辞学用語。日本文学における枕詞も一種のトポスである。

元はアリストテレスの『トピカ』における「定石」を意味する語であり、前提から結論に至る過程において参照される付帯性・定義・類などを指すものであった。

関連項目[編集]