トビトカゲ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トビトカゲ属
Draco dussumieri.jpg
Draco dussumieri.インドトビトカゲ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Lizard
: アガマ科 Agamidae
: トビトカゲ属 Draco
Linnaeus, 1758

トビトカゲ属(-ぞく、Draco)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目アガマ科に属する属である。

属名Dracoラテン語で「ドラゴン)」の意。

分布[編集]

インド南部、インドネシアカンボジアタイ中華人民共和国南部、フィリピンベトナムマレーシアミャンマーラオス

形態[編集]

骨格スケッチ

メスよりもオスの方が大きい種が多い。頸部側面には襞状に皮膚が伸長(副翼)する。左右に5-7本ずつ肋骨が伸長し、その間に扇状の皮膜(飛膜)がある。喉には三角形に伸長する皮膚(咽喉垂)がある。

鼻孔が上方に開口する種と側面に開口する種(アガマ科では側面に開口する種が多い)がいる。

オスは咽喉垂が発達するが、メスは咽喉垂が発達しない。

生態[編集]

森林に生息する。樹上棲。オスは縄張りを形成して生活する。副翼と飛膜を広げる事により揚力を生じ、樹木の間を滑空する事ができる。

食性は動物食で、主にアリを食べる。

繁殖形態は卵生。地中に卵を産む。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育される事もあり、日本にも輸入されている。輸送により状態を崩すことが多く、飼育も難しいとされる。テラリウムで飼育される。樹上棲のため、高さのあるケージで飼育するのが望ましい。枝や観葉植物等を組んで活動場所や隠れ家にする。

分類[編集]

同所的に分布するアガマ科内では初期に分化したと考えられ、Ptyctolaemus属に近縁とされる。

鼻孔が側面に開口する種は分布や形態、分子系統学の研究から原始的な種と考えられ、鼻孔が上方に開口した種が後期に分化したと考えられている。

参考資料[編集]

  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ1 アガマ科&イグアナ科』、誠文堂新光社2004年、34頁。
  • 疋田努 「トビトカゲの分類と系統」『クリーパー』第23号、クリーパー社、2004年、36-42頁。
  • 星克巳 「Keeding File No.003 トビトカゲ」『クリーパー』第24号、クリーパー社、2004年、82-87頁。
  • Inger, Robert F (1983) Morphological and ecological variation in the flying lizards (GenusDraco). Chicago : Field Museum of Natural History Full text