トニー・マラーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・マラーノ
Tony Marano
誕生 1949年2月19日(65歳)
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク市ブルックリン区
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ニューヨーク市立大学卒業
活動期間 2006年 -
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

トニー・マラーノTony Marano1949年2月19日 - )は、アメリカ合衆国作家評論家イタリア系アメリカ人[1]。日本のインターネットユーザーには通称テキサス親父(Texas Daddy)と呼ばれている[1]。2014年現在は、動画サイトでの評論活動のほか、雑誌や新聞でも執筆活動をしている。

人物[編集]

コネチカット州生まれ、ニューヨーク市ブルックリン区育ち[2]で、30歳よりテキサス州に在住。AT&Tの子会社のNew York Telephone Companyに30年勤め、2006年の定年退職後より動画サイトを中心に評論活動を行っている[3]。 ニューヨーク市立大学卒(専攻は歴史学)[4]ハンドルネームPropaganda Busterを名乗る。日本のインターネットユーザーには「テキサス親父」と呼ばれ、本人もその通称を気に入っており、動画の中で自ら「テキサス親父」と自称している事もある[5]

アメリカの愛国者でありカトリック信者である。

活動[編集]

2006年ごろからYouTube上でPropaganda Busterの名で動画で意見を発信している。YouTubeを知る前は新聞への投書を行っていたが、重大な(と本人が考える)話題が採用されないことが多く、ニュースを選択する基準に疑念を抱いていた[2]。当初はアメリカの政治についての動画が中心だった。2008年シーシェパードに関して日本を擁護する意見を投稿したところ、有志によって翻訳された字幕を付けてニコニコ動画へ転載された[2]

2010年9月15日、産経デジタル・ZAKZAKとのコラボレーション企画「テキサス親父に訊け!」が始まる[6]

2011年2月に、テキサス州知事の推薦でテキサス州海軍協会名誉大将に就任[要出典](テキサス州海軍協会とは、テキサス州の歴史や環境保全、有事の州政府への治安維持協力を目的とした、テキサス州が設立した州外郭団体。その名称は、1836年にメキシコから分離独立し、1845年にアメリカ合衆国に併合された、テキサス共和国に存在した海軍に由来する)。

2011年2月にテキサス親父日本事務局を設立し、日本のファンへのサービス強化を行っている。現在は日本事務局の関係者が翻訳を行い動画に字幕を付けてYouTube(ID:OUTSIDESOUND)とニコニコ動画(ID:テキサス親父)に動画をアップロードしている。

ホワイトハウスへの署名活動にも積極的であり、「シー・シェパードへの寄付の税金控除を止めさせる為の署名」、「グレンデール市慰安婦像撤去の為の署名」など、様々な署名活動もしている[7]

2013年12月16日付けの産経新聞よると、米ホワイトハウスのホームぺージの請願コーナーでオバマ大統領に像撤去を求める請願活動を始めた[8][9]。2013年12月16日時点で署名は2万件以上集まっている[10]

2014年1月11日より、夕刊フジにて週一回(木曜日)の連載を執筆することとなった[11]。 2014年6月 韓国のYouTubeサイトに於いて有害動画指定を受け、現在の韓国でテキサス親父動画は全て視聴が不可能になった。 最初は英語版のみで有ったが現在は他の言語の配信も全て視聴出来ない様に規制がかかって居る。

訪日時における活動[編集]

主張[編集]

政治的には保守の立場から、左翼的傾向の組織や人物について批判を加える。ハンドルネームが示すように、各種プロパガンダにおける誤りや矛盾を出典を示しながら反証し、世論誘導を批判するスタイルが特徴。日本を応援する評論が多く、シーシェパードやグリーンピースを強く非難している[14]。また、中国共産党を始めとする社会主義・共産主義的反自由主義思想や、左翼的リベラル活動に批判的な評論が多い。また、イスラエルに肯定的である[15]

  • 日本が捕鯨非難の標的にされるのは、日本人が礼儀正しく丁寧なためであるとしている[16]
  • アメリカによるトヨタ自動車批判についてはアメリカの自動車メーカーとのリコール件数のデータを比較して不当なものであると非難している[17]
  • 2013年7月、日韓での懸案事項である、いわゆる従軍慰安婦問題において、彼自身が米国国立公文書館より正規の手続きで取り寄せた記録文書を調べたところ、いわゆる朝鮮人従軍慰安婦と呼ばれる存在は、強制的に連行された「性奴隷」なる種類のものではなく、正規に雇用され、日本軍兵士よりも高い給料を得ていた売春婦だったことがわかったと主張し、韓国が主張する「軍による強制連行」なる行為は捏造であるとしている。その公的記録文書は1944年に米軍が捕縛した朝鮮人慰安婦から事情聴取した記録(米国戦争情報局心理作戦班報告)で、彼のサイトから閲覧することが可能[18]となっている。同文書は研究者には従来から知られている物であり、吉見義明『従軍慰安婦資料集』(1992年(平成4年)12月、大月書店)、1992年7月6日1993年8月4日に日本政府が公表した史料にも収録されている[19]。2013年は、あくまでもマラーノが閲覧した年である。

そのほか[編集]

  • ステーキ店を経営しているという情報が動画に対するコメントを中心に広まっているが、これはシーシェパードに対する「テキサスのステーキ店に来て抗議してみろ」という過去の発言[16]が「自分が経営するテキサスのステーキ店に来て抗議してみろ」と拡大解釈されたことによる誤解であり、本人が否定している。
  • 2010年4月1日テレビ朝日ワイドスクランブルは、マラーノを日本を擁護するおじさんとして報じるとともに[20]、過去に反日的な言動を行っていたと報じた[21][22]。テレビ朝日の報道を受けてマラーノは過去に反日的な言動を行っていないとテレビ朝日の報道を明確に否定している[22]。2010年4月27日には演説集を出版した[23]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “【痛快!テキサス親父】フランス国際漫画祭の真実 10年かけてウソを信じ込ませた韓国 (1/2ページ)”. 夕刊フジ. (2014年2月7日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140207/dms1402070724000-n1.htm 2014年2月8日閲覧。 
  2. ^ a b c 【テキサス親父】先日のフェロー・アイランドのラジオ番組で親父が話した内容”. テキサス親父日本事務局 (2011年9月6日). 2011年9月8日閲覧。
  3. ^ テキサス親父online”. 飛鳥新社. 2013年9月23日閲覧。
  4. ^ “テキサス親父”トニー・マラーノ、慰安婦像を叱る”. PHPビジネスオンライン周知 (2014年3月10日). 2014年3月14日閲覧。
  5. ^ “動画サイトで話題の米国人、太地の捕鯨に理解”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年5月15日). オリジナル2011年5月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110516083702/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110515-OYT1T00065.htm 
  6. ^ “テキサス親父に訊け!”. ZAKZAK (産経デジタル). オリジナル2011年8月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110826062829/http://www.zakzak.co.jp/oyaji/texas/lists/texas.htm 2013年9月23日閲覧。 
  7. ^ テキサス親父日本事務局 (2013年12月12日). “グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い”. http://staff.texas-daddy.com/?eid=454 2013年12月13日閲覧。 
  8. ^ 米の慰安婦像撤去を ホワイトハウスの請願サイトで 米男性が開始+ (1/2ページ)MSN産経ニュース 2013年12月16日
  9. ^ 米ホワイトハウス. “慰安婦像撤去の請願ページ”. 2013年12月31日閲覧。
  10. ^ 韓国人からの脅迫メールは2000通以上!テキサス親父に直撃インタビュー日刊SPA! 2013年12月19日
  11. ^ トニー・マラーノ (2014年1月11日). “安部に協力援軍 テキサス親父「中韓黙れ!!」” (日本語). 夕刊フジ (産業経済新聞社): pp. 1-2pp. 
  12. ^ 吉岡逸夫 (2011年5月15日). “反捕鯨活動を批判 「テキサス親父」が太地訪問”. 中日新聞 CHUNICHI Web (中日新聞社). オリジナル2011年5月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110517061212/http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20110515/CK2011051502000106.html 2011年5月15日閲覧。 
  13. ^ ““テキサス親父”ことトニー・マラーノ氏、ファンと靖国を参拝”. 日刊SPA! (SPA!). (2014年5月4日). http://nikkan-spa.jp/637664 2014年5月25日閲覧。 
  14. ^ 「日本人は礼儀正しいから我慢する」テキサス男が反捕鯨団体に抗議。”. ナリナリドットコム. Narinari.com (2008年2月13日). 2010年5月31日閲覧。
  15. ^ Israel defends itselfYouTubeトニー・マラーノ公式チャンネル
  16. ^ a b “ステーキ店に来て抗議してみろ! テキサス男 反捕鯨団体に宣戦布告”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2008年2月13日). オリジナル2008年2月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080214174743/http://www.j-cast.com/2008/02/13016638.html 2010年5月31日閲覧。 
  17. ^ 日本大好き“テキサス親父”って一体何者? GMのリコール件数はトヨタの10倍以上!”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2010年3月12日). 2010年5月31日閲覧。
  18. ^ texas-daddy.com
  19. ^ 女性のための平和国民基金編『政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成』(全5巻、龍溪書舎)第5巻収録。 政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成 pp.130-136。ただしp.136から逆順で収録
  20. ^ あのテキサス親父がついに地上波デビュー! 「日本をかばう」と紹介される?”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2010年4月3日). 2010年5月31日閲覧。
  21. ^ テレビ朝日ワイドスクランブル2010年4月1日放送[出典無効]
  22. ^ a b トニー・マラーノ (2010年4月26日). “Tony's book in Japan, the TV report correction”. トニー・マラーノ. 2010年5月31日閲覧。
  23. ^ 【テキサス親父】テキサス親父演説集【公式トレーラー】”. 飛鳥新社 (2010年4月21日). 2010年5月31日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]