トニー・ファーガソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・ファーガソン
基本情報
本名 アンソニー・A・パディーラ=ファーガソン
(Anthony A. Padilla-Ferguson)[1]
通称 エル・ククイ (El Cucuy)[2]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1984年2月12日(30歳)[3]
出身地 カリフォルニア州オックスナード[3]
所属 チーム・デスクラッチ
身長 183cm
体重 70kg
リーチ 193cm
階級 ウェルター級
ライト級
スタイル レスリング
テンプレートを表示

トニー・ファーガソンTony Ferguson、男性、1984年2月12日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家カリフォルニア州オックスナード出身。チーム・デスクラッチ所属。TUFシーズン13優勝。

「子供をさらう鬼」を意味する、「エル・ククイ」のニックネームを持つ。

来歴[編集]

メキシコ系アメリカ人としてカリフォルニア州に生まれ、白人の多いミシガン州で育つ。子供の頃は「チビのメキシコ野郎」「耳の大きなメキシコ人」などとからかわれイジメの標的にされていた。高校時代は、レスリング野球アメリカンフットボールで活躍[4]。大学ではレスリングでオールアメリカンに2度選出された。24歳から総合格闘技の練習を始め、2008年にプロ総合格闘技デビュー[3]

The Ultimate Fighter[編集]

2011年リアリティ番組The Ultimate Fighter」のシーズン13に参加。ブロック・レスナー率いるチーム・レスナーに所属。トーナメント1回戦でチーム・ドス・サントスのジャスティン・エドワーズ、2回戦でライアン・マッギリブレイを共にKO勝ちで下し、準決勝ではチームメイトのチャック・オニールにTKO勝ちを収め、決勝進出を果たした。

2011年6月4日、The Ultimate Fighter 13 Finaleのウェルター級トーナメント決勝でラムジー・ニジェムと対戦し、左フックでKO勝ち。The Ultimate Fighterシーズン13を制し、UFCとの正式契約を獲得した。

UFC[編集]

2011年9月24日、UFC本戦初出場となったUFC 135アーロン・ライリーと対戦し、ライリーの顎の負傷でTKO勝ちを収めた。

2011年12月3日、The Ultimate Fighter 14 Finaleイーブス・エドワーズと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2013年10月19日、UFC 166マイク・リオと対戦し、ダースチョークで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
14 8 4 2 0 0 0
4 0 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
マイク・リオ 1R 1:52 ダースチョーク UFC 166: Velasquez vs. Dos Santos 3 2013年10月19日
× マイケル・ジョンソン 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 3 2012年5月6日
イーブス・エドワーズ 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter 14 Finale 2011年12月3日
アーロン・ライリー 1R終了時 TKO(顎の負傷) UFC 135: Jones vs. Rampage 2011年9月24日
ラムジー・ニジェム 1R 3:54 KO(左フック) The Ultimate Fighter 13 Finale
【ウェルター級トーナメント 決勝】
2011年6月4日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]