トニー・バトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・バトラー

トニー・バトラーTony Butler1957年2月13日-)はイギリス生まれのベースプレイヤー。 1980年、マーク・ブレゼギッキーと、サイモン・タウンゼントで「オン・ジ・エアー」というバンドを結成。デビューシングル「Ready For Action」をリリースするが、全く売れず自然消滅。

その後、彼はビッグ・カントリーを結成して大きな成功を収めるが、ビッグ・カントリーは2000年に解散。その翌年には、スチュアート・アダムソンが他界してしまう。ビッグ・カントリー解散後、他のメンバーはサイモン・タウンゼントとカスバ・クラブという新バンドを結成するのだが、彼だけソロとして活動している。そのソロ作品が、非常にビッグ・カントリー的なため人気が高い。

ディスコグラフィ[編集]

  • Great Unknown (Slight Return) (2001年
  • Life Goes On (2005年

外部リンク[編集]