トニー・スライディーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー・スライディーニ(Tony Slydini、1901年 - 1991年)はイタリア生れのクロースアップマジシャンの一人。アメリカダイ・バーノンと並び、マジックの世界に影響を与えた人物。

マジックを演じると、その独特な雰囲気とその圧倒的な技術から、完全な魔法を使うことができるマジシャンとまで評された。しかし、彼の動きやそのテクニックには独特のクセがあり、それを他人がコピーしようとしても出来るようなものではなかった。そのため、スライディーニの動きやそのテクニックを「スライディーニ・タッチ」と呼ぶ。

スライディーニが世界的に知られるようになったのは、ニューヨークタネン社の出版である『スターズ・オブ・マジック』の中で彼のマジックが紹介されたため。

弟子には、現在ロサンゼルスを中心に活躍しているトニー・クラーク(Tony Clark)がいる。

代表作には、一枚のコインだけを使って演じるコインマジックワン・コイン・ルーティン」や、スカーフをいくらしっかり結んでも、すぐにほどけてしまう「スライディーニ・シルク」などがある。

関連書籍[編集]

  • Magic of Slydini(Unique,1960)
  • The Best of Slydini and More(Tannen ,1976)
  • The Magical World of Slydini(Tannen, 1979)
  • Slydini Encores(Slydini Studio, 1966)
  • The Slydini Approach to Misdirection
  • The Slydini Production Silk Routine
  • Slydini Card Technique
  • Slydini Color Changing Silk Routine

関連項目[編集]