トニー・グウィン・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・グウィン・ジュニア
Tony Gwynn, Jr.
フリーエージェント
Tony Gwynn, Jr. on August 3, 2011 (2).jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日 1982年10月4日(31歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目(全体39位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名
初出場 2006年7月15日
年俸 $850,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンソニー・キース・グウィン・ジュニア (Anthony Keith Gwynn Jr., 1982年10月4日 - ) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。

首位打者8回、通算3141安打を記録し、「安打製造機」の異名をとったトニー・グウィンの息子である。

略歴[編集]

2000年、高校時代にMLBドラフト33巡目(全体1000位)でアトランタ・ブレーブスから指名を受けたが、サンディエゴ州立大学へ進学した。

2003年、MLBドラフト2巡目(全体39位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され契約。

2006年7月15日にメジャーデビュー。同7月19日に初ヒットとなる二塁打を放った。奇しくも24年前の同じ日に父親であるトニー・グウィンも初ヒットとなる二塁打を放っている。結局、この年はスタメン確保はならず、控え外野手として32試合に出場し、打率.260を記録した。

2007年も控え外野手としての出場が続いたが、9月29日のサンディエゴ・パドレス戦で、1点ビハインドで迎えた9回裏にパドレスの守護神トレバー・ホフマン投手から同点の適時三塁打を放ち、チームのサヨナラ勝ちに貢献した。この敗戦によってパドレスは西地区優勝を逃し、プレーオフ進出も叶わなかった。パドレスは父親が長年所属していたチームであり、パドレスの監督であるバド・ブラックは「息子に打たれるとは、まったく皮肉だよ」と述べていた。

2009年5月21日、父が在籍していたサンディエゴ・パドレスにトレードで移籍。各部門で自己ベストの成績を残すも、翌2010年は極度の打撃不振に陥り、出番が減少した。なお、余談ではあるが、この年の9月24日の対レッズ戦で、アロルディス・チャップマンが投じた当時史上最速105mph(169km/h)の直球に対峙した。

2010年オフの12月2日にFAとなり、12月11日にロサンゼルス・ドジャースと67万5000ドルの1年契約を結んだ[2][3]

2011年は、自己最多の136試合に出場、2本塁打22打点22盗塁をマークし、オフの12月12日にドジャースと総額200万ドルの2年契約に合意した[4][5]

2012年は103試合に出場し、17打点13盗塁、打率.232だった。

2013年は開幕メンバーに名を連ねることさえできず、マイナースタートを余儀なくされた。このシーズンは結局最後までメジャーに昇格できず11月5日にFAとなり、12月19日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ[6]

2014年3月29日にメジャー契約を結んだ[7]。開幕後は69試合に出場したが、3打点2盗塁、打率.163と結果を残せず、7月21日にDFAとなった[8]。7月28日に放出された[9]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 MIL 32 80 77 5 20 2 1 0 24 4 3 1 0 1 2 0 0 15 2 .260 .312 .275 .587
2007 69 135 123 13 32 3 2 0 39 10 8 1 0 0 12 1 0 24 0 .260 .317 .326 .643
2008 29 49 42 5 8 1 0 0 9 1 3 1 1 1 4 0 1 7 1 .190 .271 .214 .485
2009 SD 119 451 393 59 106 11 6 2 135 21 11 7 5 3 48 2 2 65 2 .270 .350 .344 .693
2010 117 339 289 30 59 9 3 3 83 20 17 4 7 1 41 4 1 50 3 .204 .304 .287 .591
2011 LAD 136 340 312 37 80 12 6 2 110 22 22 6 2 2 23 1 1 61 2 .256 .308 .353 .660
2012 103 277 259 29 60 8 4 0 76 17 13 6 2 0 16 2 0 52 6 .232 .276 .293 .570
通算:7年 605 1671 1495 178 365 46 22 7 476 95 77 26 17 8 146 10 5 274 16 .244 .312 .318 .630
  • 2013年度シーズン終了時

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tony Gwynn Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2014年1月26日閲覧。
  2. ^ Dodgers sign Gwynn to one-year deal”. MLB.com Dodgers Press Release (2010年12月11日). 2014年7月22日閲覧。
  3. ^ Ken Gurnick (2010年12月11日). “Gwynn deal with Dodgers official after physical”. MLB.com. 2014年7月22日閲覧。
  4. ^ Dodgers sign Gwynn to two-year contract”. MLB.com Dodgers Press Release (2012年12月12日). 2014年7月22日閲覧。
  5. ^ Ken Gurnick (2012年12月12日). “Dodgers sign Gwynn to two-year contract”. MLB.com. 2014年7月22日閲覧。
  6. ^ Phillies invite four additional players to Spring Training MLB.com
  7. ^ Phillies finalize Opening Day roster”. MLB.com Phillies Press Release (2014年3月29日). 2014年3月30日閲覧。
  8. ^ Phillies Transactions”. MLB.com Phillies Press Release (2014年7月21日). 2014年7月22日閲覧。
  9. ^ Joey Nowak (2014年7月28日). “Phillies release outfielder Gwynn”. MLB.com. 2014年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]